2022年7月25日月曜日

シスター白幡のお話を聞く会

  一時帰国中のシスター白幡を本部にお迎えして、「お話を聞く会」を開くことができました。コロナ禍の感染が爆発的に拡大している中でしたので、スタッフ一同厳重に自己防衛を心がけつつ参加しました。シスターは帰国後2週間を過ぎたばかりでしたが、とても元気で、張り切っておられました。5年前に空港から出発されたときには車イスを利用しての搭乗でしたので、80歳を迎えて一層元気になっておられるようでした。今回の一時帰国は往復ともシスターお一人での旅でしたが、何の心配も苦労もなかったとのことでした。

 「日本滞在中に病院で検査や治療は受けられるのですか」とお聞きしたら、向こうで転んで腕や肩を痛めたので、レントゲンを撮ってもらったら、骨折していたそうです。そして「治すなら手術する必要がある」と言われましたが、我慢できそうなので迷っているとのことでした。

「シスターには定年は無い」とのことでしたが「80歳も過ぎたのですから、この後は医療環境も整っている日本で余生を楽しまれては・・・」と申しましたら「ノー! ノー! ノー! そんなことは考えたこともない。」「アフリカで大好きな子ども達と一緒に過ごす毎日が何よりも幸せです」とのことでした。

 参加したスタッフ一同はますますシスターが大好きになり、自分たちも負けずに元気でシスターを応援し続けようという思いを強く致しました。シスターの話の詳しい内容は、次の会報でお知らせいたします。(菅野勝治郎)








2022年7月12日火曜日

シスター白幡無事帰国 /  刺繍作品のチラシ

シスター白幡が77日、無事に帰国されまし

た。電話の声はとてもお元気そうでした

  シスターが前回シエラレオネに戻られたのは  2017年の12でしたから、約5年ぶりの帰国
です。9月末ごろまで日本に滞在されるそうです。


 まずはゆっくり休んでお疲れを癒していただきたいと思いましたが、シスターが「もう、ゆっくり休んだ。早く皆さんに会いたい・・・」と言われますので、スタッフ会では723日にシスターをお招きして、現地の様子や今後の支援のありかたなどについて、ゆっくりとお話をお聞きしたいと計画しました。その内容については、次の会報等でお知らせいたします。 

 会報36号で「シスター白幡刺繍支援」のお知らせをいたしました通り、ウェブサイトにチラシを掲載して購入希望を募りました。今のところ、17点の購入希望をいただき、感謝いたします。

「頒布済」の作品に黄色のマーカーで明示したチラシを再度下に掲載します。掲載のチラシは小さくて少々作品が見えにくいようです。メールでお知らせ頂ければ、ご希望のチラシをファイル添付してお送りしますので、拡大してご覧ください。可能でしたら、シスター白幡の日本滞在中に一つでも多くご購入いただき、その支援金をシスターにお渡しできればとも思っています。よろしくお願いいたします。

 
 日本の国内外ともに、信じられないような出来事が続き、皆様も心が痛む日々を過ごし ておられることと思います。

 このブログに掲載の写真はいずれも最近現地より送っていただいたものです。貧しくても仲良く平和に暮らす子ども達の明るい笑顔に心が慰められます。そして、いつも変わらずご支援くださる皆様に改めて、心より感謝いたします。


    刺繍作品のチラシ 黄色のマーカーが頒布済













  以上 菅野勝治郎



2022年6月27日月曜日

会報36号を掲載しました。 シスター白幡刺繍作品

 ともに歩む会の「会報36号」を掲載しました。

上記のメニューバーの「会報」をクリックし、36号をダウンロードしてご覧になってください。


 会報でお知らせした「シスター白幡刺繍支援」のチラシを4枚、以下に掲載します。

どの作品にもシスター白幡が手作りされた刺繍が用いられており、売り上げはすべて「刺繍支援金」としてシスター白幡に届けます。シスターはそれを子ども達へのクリスマスプレゼント購入費用として用いられる予定です。

作品はすべて一点物ですから、注文される場合、第2希望、第3希望も考えておいてくださると助かります。すべて送料込みの価格です。

注文は、ともに歩む会の本部まで、下記へのメールか

tomoniayumukai@kpd.biglobe.ne.jp

電話 044-988-2729で

ご連絡ください。













Boletín No.36 Resumen

 Página 1. Noticias enviadas por la hermana Bernadita Shirahata

Marzo-Mayo No se pudo utilizar el teléfono móvil; gracias a la hermana Adriana, que le entregó un nuevo celular ahora puede comunicarse. En mayo se lastimó el brazo, ahora ha mejorado mucho, aunque le cuesta escribir un poco.

La hermana Adriana viajará en julio a España para asistir a la reunión general de las misioneras Clarisas

Abril 30: fue ordenado sacerdote el padre Martin Kamara, oriundo de Lunsar.

Mayo 28: tres estudiantes de cada clase de 4º a 6º grado fueron de excursión a la playa, como premio por la limpieza y aseo de su aula. Este evento se planea realizar tres veces al año.

El 2 de julio, si Dios quiere, la hermana Bernardita retornará a Japón por una temporada.

 

Página 2. Mensaje de tres nuevas egresadas

Mariam A. Kamara

Estoy cursando el ultimo año de la carrera, en sus comienzos ha sido un desafío trabajar con otros miembros, a medida que llevamos tiempo estudiando juntas llegamos a apreciar la comunidad en las actividades diarias. En mi experiencia como estudiante mi pensamiento fue cambiando; en un principio parecía que la universidad nos enseñaba lo que habíamos estudiado en el curso secundario, sin embargo no fue tan fácil como lo pensaba, si una logra dedicarse con todo su esfuerzo puede ir progresando, entonces el estudio se hizo interesante, especialmente cuando comenzamos a hacer presentaciones.

Estoy siempre alerta para participar en actividades sobre salud, dentro y fuera de la universidad, así he logrado afianzar mi confianza en los estudios.

La vida en el campus ha fortalecido mis valores morales, interactuando con personas de distintas raíces étnicas.

Con todo mi agradecimiento por toda la ayuda recibida.

 

Página 3

Georgiana Ogoo

Camino hacia el futuro

Graduada de la universidad de Njala, en Licenciatura Ciencias de Salud Publica, segunda clase primera división.

La ceremonia de graduación fue el 9 de abril de este año, en el mini estadio de Bo city.

Tengo amplia experiencia en el sector de salud y en el trabajo en grupo, tengo iniciativa, nuevas tecnicas para aplicar en mi sociedad y en el mundo en general.

Caminando Juntos es siempre una inspiracion, gracias a su beca de estudios he logrado completar mi educación. Sin su ayuda, hubiera sido difícil alcanzar un alto nivel académico.

Ahora comienzo la tarea de devolver tanta generosa apoyo y su confianza en mi capacidad que me han brindado.

Mi vida espiritual también sigue enriqueciendo, y es mi esperanza continuar con Caminando Juntos.

A traves de mi carrera conseguí capacitarme en Humanidades, investigación de enfermedades, movilización de la comunidad, pedagogía, sensibilización y crear relaciones.

He ganado experiencia en resolver problemas complejos, mejorando mi capacidad de comunicación, buscando nuevos métodos para desarrollar el trabajo en grupo, coordinación,

Intercambio de ideas y sugerencias, con inspiracion para realizar el objetivo común.

 

Página 4

Fatmata K Kamara

Apreciados donantes y patrocinadores

30 de marzo de 2022

Espero que se encuentren todos muy bien. Estoy terminando mis estudios y me graduaré el 7 de abril del presente año. Ha sido un duro y largo camino, pero gracias a vuestra ayuda he podido llegar a la meta.

Recibiré el diploma de Licenciada en Ciencias de Contabilidad en el Instituto de Administración Publica IPAM, Freetown.

Espero retornar a la escuela OLG y poner en práctica lo que he aprendido, y así devolver con gratitud la inmensa ayuda recibida de las misioneras Clarisas.

 

Mensaje de nuestros colaboradores

Gracias por las noticias de las actividades de la misión y las caras sonrientes de los niños.

Agradecemos a la hermana Bernadita Shirahata y a todas las hermanas de la misión por la labor incansable para dar a los niños un futuro mejor.

Rogamos por la pronta recuperación de la hermana Clara Yoshida.

 

Páginas 5-7

Sra. Kyoko Waki, staff de Caminando Juntos -Walking Together

La sra. Waki, pertenece al grupo Executive Coach, desde hace 3 años es staff y fue presentada por el señor Hideki Mitani un colaborador de Caminando Juntos.

La sra. Waki juntamente con el padre Fusao Sekine de la iglesia de Setagaya, han publicado un libro, La vida en tiempos de COVID, Lecciones de la Biblia.

 

Páginas 7-8

Señora Ayako Yamamoto, staff de Caminando Juntos- Walking Together

La sra. Yamamo es miembro del grupo Polvorón de la iglesia de Azabu, este grupo esta ayudando a la hermana Bernadita Shirahata desde hace más de 50 años.

Polvorón es un bocadillo dulce español, que los miembros preparan y venden, y el ingreso es enviado a la hermana Shirahata para ayudar a la misión.

Los bordados crochet, que la hermana les enseño, son aplicados a bolsos prácticos para las compras diarias, y lo recaudado por las ventas también se remiten a Lunsar.

 

Página 8

Aviso de la comisión central

La remitancia se ha realizado mensualmente hasta el mes de abril, la suma correspondiente a mayo, será remitida en junio.

 

Fotos

Pag. 1. Bordados. Polvorón, niños disfrutando del mar

Pag 2. Egresada Mariam A Kamara 

Pag 3. Egresada Georgina Ogoo.

Pag 4. Egresada Fatmata K Kamara

Pag 6. Padre Sekine y sra. Kyoko Waki

Pag 8. Grupo polvorón, Iglesia de Azabu, tercera izquierda sra. Ayako Yamamoto

Niños llevando la vianda.


Traducido por Marta Tanaka

 

 

 

 

 

Bulletin No.36 of Walking Together

 

Pages 12 is a report from Sr. Shirahata.

In this bulletin she reports on event during March through May. First, she explains why she was not able to report on the events taking place. She has had issues not being able to use her mobile phone and also injuring her arm. But was finally able to report on the events after Sr.Adriana Juarez Navarrete bought her a mobile phone on May 27th.

The main events that took place during this time is : since May Rosario prayers have been made every day, Fr. Martin Kamara from Lunsar was ordained to priesthood on April 30th, the passing away of Mrs. Margaret Y. Macauley,  a resident nearby, at the age of 83 on April 24th.       

One major school events was when the 4th to 6th graders went on a field trip to the beach. A bus ride to the beach was awarded to 3 students in each class, who worked hard such as cleaning the classrooms, and they all had a great time. The school plans to have this kind of field trip 3 times a year.

Sr. Shirahata sums up her report by saying that she will make a short visit to Japan after the graduation ceremony on July 2nd.

3 scholarship students who graduated this spring, express their happiness on pages 2-3. The 3 students are as follows:

Marian Adamsay KamaraNursing

Georgiana Ogoo       (Public Health)

Fatmata K. Kamara   (Accounting

All 3 had a very fulfilled college life, and they are proud to have achieved results during their time at school. They are looking forward to utilizing what they have learned to help them in society and are appreciative of the college to have given them a scholarship.

 

Pages 4-5 are voices from supporters.

 We’ve received such voices as “Recently there is not a lot of good news, but we have been getting energy from the warm smiles of the people in Sierra Leone” “There is blessing to Sr. Shirahata’s work and hope there is comfort for Sr. Yoshida.”

 The second half of page 5 to page 7 is a report from Ms. Kyoko Waki, a Walking Together HQ staff and executive coach (coaching is her life work). While she believes “coaching” is the work she was meant to have, there were times when she just didn’t feel satisfied. At that time, she met a book by the Christian author and became interested in Christianity. Then Mr. Hideki Mitani, who she works with, introduced her to Priest Fusao Sekine of Catholic Setagaya Church and about Walking Together. While becoming involved, she and Priest Sekine decided to co-author a book called “Hints to living under COVID anxiety : hints from the bible” and the content is so interesting.

  On and until page 8, is a report from Ms. Ayako Yamamoto, who is a Walking Together HQ staff and also a member of “Polvoron Group” of the Catholic Azabu Church. “Polvoron Group”  has been supporting Sr. Shirahata for more than 50 years. They started as a group baking and selling the Spanish snack called ”POLVORONES” and all sales went to support Sr. Shirahata. Since a few years ago, they have been sewing Sr. Shirahata’s embroidery onto a tote bag and selling them – all sales going to Walking Together. They talk about learnings from Sr. Shirahata and also the joy of being able to help each other out.

Announcement from HQ is on page 8. We have been able to send support funds in a timely manner, but the May lunch support funds have been a bit late and will be delivered by mid- June.

 

Photo explanation

P1         top left :               Sr. Shirahata’s embroidery

            Top right :             Sr. Shirahata with a polvoron

            Bottom : Happy students on their first beach experience (field trip)

P2        top right:              Graduate Marian Adamsay Kamara

P3        left :                     Graduate Georgiana Ogoo

P4        left :                    Graduate Fatmata K. Kamara

P6        left :                     Priest Fusao Sekine and Ms. Kyoko Waki

P.8    top left :                With the Polvoron Group members in front of the Catholic Azabu

Church. 3rd from the left is Ms. Ayako Yamamoto.

P8        bottom right:        Grade school students happily carrying their lunch 

 

 

 (Copy:Katsujiro Kanno Translation:Ayako Nokuo)

 

2022年6月14日火曜日

ようやく5月分給食費を送金

お陰様で614日に5月分の給食支援費5,400


ドルを送金できました。2週間前の62日に


送金の予約をした際には、レートが127


度でしたが14日には135円まで円安が進んで


いましたので、預金残高ぎりぎりの送金でし


た。

 

最終的に1ドルが150円程度になるので


ないかという報道もありますが、主が必要を


満たしてくださると信じて、ともに歩み続け


たい思います。






 


  625日発送予定の会報36号の原稿は印刷所に入稿できました。  

   シスター白幡からは、海岸まで遠足に行っ


たとの報告があり、写真も何枚か送られてき

ましたが、スペースが足りなくてすべては載

られませんでした。会報よりも先にいくつ

か紹介します

 

  この平和がいつまでも続いて欲しいと祈りま

(菅野勝治郎) 





2022年5月24日火曜日

5月の送金

“ともに歩む会”では、毎月の給食支援費をその月の内に現地に届けることを第一の使命と自覚しています。先月は420日に給食支援費に医療支援費を加えて7,900ドルを送金できました。しかし、残念ながら5月分の給食支援費を5月中に送金できる見込みはありません。海外送金の場合、2週間前にはその資金を口座に振り込むように”と銀行から指示されているのですが、まだ満たされていないからです。


      この給食が1日の食事のすべてという子どもも多い

 今年度は、給食支援費として月額60万円(5,400ドル)を予算としました。ところが最近の円安相場により、予定の5,400ドルを送金するのには約70万円が必要になってしまったのです。新聞等でも報じられている通り、特にアフリカでは穀物の価格が高騰しています。ですから、60万円の予算にしたがって送金という訳にはいきません。少し遅れてでも5,400ドル(約70万円)の送金は維持したいと考えています。

現地では昨年度後半から政府から給食用の食糧が配給されるようになったため、今年度は給食支援の月額予算を減額したのですが、今年度は政府からの食糧配給が一度も実施されず、シスター方は給食維持のために少しでも安価な食材を求めて買い出しに奮闘している様子です。アドリアナ地区長に、政府からの食糧配給の見通しを問いましたら、              “私どもは政府に何度も要望を出しましたが、政府には善意はあっても結局資源がないのです。このような困難な状況は世界中にありますが、シエラレオネの状況は、他の国が通過する状況よりも困難なように見えます”      との返事がありました。

 

 物価の高騰と物不足は相当厳しい状況がうかがわれます。フリータウンにある銀行に行くのには車で2時間ほどはかかり、燃料の高騰で車の手配などにも多くの費用と労力を要します。来年度は送金を何ヶ月分かまとめた方が良いのではないかと相談しています。

 

 コロナ禍に加えてウクライナ戦争による影響などにより、日本の経済も苦しい日々が続きますが、シエラレオネの厳しさは私どもの想像以上であるように思われます。

 アドリアナ地区長は次のように述べています。                  “私どものミッションのために、多大なご尽力をいただき、誠にありがとうございます。今は困難な時期であることは承知しておりますし、理解しております。神の摂理が私たちを助けてくれるでしょう。”  

 今こそ、シエラレオネとともに、シスターとともに、支援者とともに歩んでいきたいと願います。    (菅野勝治郎) 

2022年4月22日金曜日

4月の送金


上の写真は、去年の1231日、ルンサを訪れたグッドリチさんと迎えたシスター白幡です。シスターが電話をしている相手は、グッドリチさんの奥様・ルミさんで、ルミさんによるとシスターはこの時の電話はすべて英語で話しておられたそうです。日本語をお忘れになった訳ではないでしょうが、嬉しさのあまり、毎日使っている英語が飛び出したのでしょう。

グッドリチさんは、3月中頃に約1年ぶりに帰国されたそうですが、現地で病気されたりして、体重が16キロも減ってしまったそうです。現地の厳しい様子などを是非スタッフの皆さんに話したいとも言っておられるそうですので、体調が快復された頃を見計らってお訪ねしたいと思っています。

 

420日に、お陰様で7,900ドル(約103万円)を送金できました(給食支援費5,400ドルと医療関係支援費)。この金額は46日には用意できていたのですが、この日から2週間後でなければ送金できないので20日の送金になってしまいました。不正な送金を防止するために、このような処置が取られるそうです。

この間にも日に日にレートが安くなり、20日には1ドルが130円になってしまいました。年度当初の計画では、給食費は月額60万円で5,400ドルの予算にしました。しかし、今は5,400ドル送るのには70万円が必要です。

でも、本部としては、円安が進んでも給食費5,400ドルの送金は維持していきたいと考えています。当てにしていた政府からの給食用食糧の配給は再開の見通しはありませんし、米や豆の値段も高騰しているそうです。シスター白幡の話によると、幼稚園の先生1か月分の給料は米1袋の値段と同じになっているそうです。この円安のために医療関係支援費は実質的には予算よりも減額した送金になりました。

また、この国では食糧だけでなく、燃料の高騰にも苦しんでいて、燃料が手に入らず、自動車を走らせることが困難になっているそうです。ですから、今回送金した支援金も首都フリータウンの銀行まで行く手段がなくて、すぐには受け取りに行けないかもしれません。        

この諸物価高騰の大きな要因の一つはウクライナにおける戦争です。この戦争は当事国の人々を痛め苦しめるだけでなく、アフリカの弱小国の人々の生活をも直撃しているのです。

 この混乱を極める世界の中で、私たちにできることは小さいかも知れませんが、この小さな歩みの一歩一歩を主が祝福して大きく用いてくださることを信じて祈ります。    (菅野勝治郎) 

2022年4月14日木曜日

「シスター白幡刺繍支援」のカタログ



会報35号で「シスター白幡刺繍支援」のお知らせをしましたが、その作品(トートバッグ)のカタログです。右上の円内が完成品で、下は刺繍部分の写真です。
No.2, No.4, No.8は売り切れです。どれも一つ2,000円で頒布いたします。
購入を希望される方は、下記のアドレスにメールにてご希望の作品のNo.と住所・氏名をご連絡ください。
ともに歩む会本部E-mail : tomoniayumukai@kpd.biglobe.ne.jp



No.1 男性と女性




N0.3 リンゴの木と男性



No.5  月と星



No.6  老女と女性



No.7  二人の女性
















 

2022年4月7日木曜日

マドレ マルタ エルナンデス総長からのメール

 

 ご聖体の宣教クララ修道会のマドレ マルタ エルナンデス総長から、下記のメールをいただきました。

 

 

ともに歩む会の菅野代表と支援者のみな様

 

「私の兄弟であるこの最も小さいものひとりにしたのは、私にしてくれたことなのである」     マタイ2540

 

平和と喜び!!

もうすぐ復活祭、私たちの信仰の中心である、神の限りない愛の印。

それは、みんなで分かち合い、協力し、お互い助け合うことによって表せます。

 

会報35号ありがとうございました。

読みながらシエラレオネのミッションの嬉しい出来事や毎日の活動がはっきり目に浮かびました。

学校の中だけでなく、小学校のバンドが町中行進しながら歌って踊りました。

なんとうれしことでしょう。

それから、玉川ランチ、運動会も。

シスター白幡の手作り人形などなど、

町の人たちや、家族が、シスターと共に成長して行けます。

 

私たちに出来ることは、限りがあります。

でも「まだまだやれることがある」と言う言葉から力が溢れてきます。

子どもたちの笑顔は私たちにとって掛けがえのないお返しです。

 

西山由香さんがご帰天にされ、残された家族の悲しみに、

主が慰めと力を与えてくださいますようにお祈り申し上げます。

 

菅野勝治郎代表、ともに歩む会の皆さん、いつも私たちの祈りをお届けします。

復活祭の喜びが皆様にありますように。

 

 ご聖体の宣教クララ修道会総長 マドレ マルタ エルナンデス

                                         (訳:田中マルタ)