2021年5月9日日曜日

5月を迎えて

 緊急事態宣言が繰り返され、気持ちの休まらない毎日ですが、シエラレオネの子ども達を忘れずに祈り、支援を寄せてくださいます皆様に心より感謝いたします。最近の状況からいくつかを紹介します。

 

▽ 57日に、給食支援費7000ドルを送金しました。3月~5月の3カ月間は給食支援費だけの送金でしたが、一番大事な給食支援費を毎月遅れずに送金できたことを感謝いたします。しかし、MI校の多目的支援や医療支援などが未送金です。年度初めに計画した支援は可能な限り実現したいと願っています。

 

  アドリアナ地区長は郷里メキシコにお住いの妹さんご夫妻がコロナに罹患され、そのお見舞いを兼ねてメキシコに出張しておられましたが、無事にシエラレオネに戻られました。皆様のお祈りに感謝しますとのメールをいただきました。

 

  JICAの職員で、長年シエラレオネで農業指導をしておられた君島崇さんはコロナのために帰国を余儀なくされていましたが、53日に現地に復帰されました。渡航に際して、シスター白幡から依頼のありました品々を快く運んでくださいました。5月末には一時帰国されるそうです。

  南アフリカまで行きながら返送された荷物が427日に届きました。昨年2月に最後に送った26箱でした。前回返送された際には四角い箱が丸くなるほど変形していましたが、今回は比較的痛みは少なく、穴が開いたところはテープで補修されていました。郵送料15万円が返却されますので、状況が回復しましたら再度送り直そうと考えていましたが、5月になりグッドリチさんから思いがけず電話をいただきました。貿易事業の方が大分好転したので、コンテナによる輸送を再開したい、もし、シエラレオネに送る荷物があれば一緒に運んであげたいが・・・という申し出でした。願っても無いお話でした。

 多くの方々から寄せていただいた支援物資がこのように守られますことに主のお計らいを感じて感謝しています。

  シスター吉田は粘り強く療養生活を続け、食事療法やウォーキングに励んでおられるそうです。引き続きお祈りください。

                  (菅野勝治郎)


     勉強に励む幼稚園児

2021年4月1日木曜日

会報31号の掲載とコンサートの動画配信について

 “ともに歩む会”会報の31号を掲載しました。上記のメニューバーから「会報」をクリックし、「会報31号」をダウンロードしてご覧になってください。

 今号には、昨年1225日に開催された「チャリティージャズコンサート」について、演奏者代表の田中真理さんと、本部スタッフ山本文子さんのコンサート報告文が掲載されていますのでご覧ください。

また、田中真理さんが「チャリティージャズコンサート」の動画をyoutubeでアップしてくださいました。下記のURLを開いて是非ご視聴ください。

 

https://youtube.com/user/teddy55015

 

①上のURLをクリックするとTanaka Shinri(田中真理)さんのページが表示され、アップロード動画を視聴可能になります。

▶「すべて再生」

をクリックすると、コンサート当日演奏されたすべての曲を視聴できます。

画面下のプログラムをクリックして、聴きたい曲を選ぶこともできます。

②動画視聴画面の下の方に「もっと見る」という表示があります。ここをクリックすると、演奏者の紹介などがあり、その下に

「下記の方に支援の方よろしくお願いいたします。」の案内があり、

https//1225charity,thebase.in

URLがあります。

③上記をクリックすると、チャリティーコンサートのポスターが表示され、その下に

「動画視聴料として¥1000」との表示があります。

そのポスターをクリックすると、動画視聴料の趣旨や支払い方法などが表示されています。

このチャリティーコンサートは入場無料ですから、動画視聴料を義務としてお支払いいただくためのものではありません。“ともに歩む会”としてはコンサート当日、来場者から寄せられたドネーション(寄付)は全額いただき心より感謝いたしております。

しかし、チャリティーコンサートの実施・動画配信に際しては、主催者がすべての経費を負担してくださいましたが、相当の出費であったことが推察されます。この「動画視聴料」がその一助になることを願っています。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

尚、このコンサートを契機に、シエラレオネの学校のことをもっと知りたい、支援したい等の希望のある方は、上記のメニューバーの「質問」からご連絡ください。お待ちしています。   (菅野勝治郎)

2021年3月27日土曜日

Summary of Bulletin No.31 of “Walking Together”

 Summary of Bulletin No.31 of “Walking Together”

Bulletin No. 31 starts with a message from Sr. Shirahata titled “Starting 2021 : To the members of Walking Together”. She expresses her appreciation for the many people who have been worried about the spreading of COVID-19 in Sierra Leone and for the Sierra Leone Charity Jazz Concert last December. Banks have been low on money during the Christmas season, and so they could not receive the funds from Walking Together. Christmas was not as it used to be, but there were still fun times with things that were available. Schools are operating, and Sr. Shirahata celebrated her 79th birthday on November 29th, and is now the oldest.

Following on pages 2-3, is another report from Sr. Shirahata called “From Sierra Leone : Thinking about the disappearing environment” (from Catholic Newspaper, 2020/11/29 edition). The beautiful greenery and nature Sr. Shirahata saw from the plane she boarded 44 years ago, has slowly diminished where it used to cover  70-80% of the country is now down to 50%. Also, Chinese companies have been cutting down trees to produce fuel and have been sending them to Guinea. Although the government shows no concerns for this, COVID-19, or the negative effects on the people and society, Sr. Shirahata states that the people of Sierra Leone are keeping their heads up and have been keeping strong.

On page 3 is “The good by Sr. Negishi” by Maria Ines Fatmata Bangura, Secretary at the Lunsar – Tamagawa Kindergarten. Sr. Negishi supported her with treatment, rehabilitation, and also with college education since she has disabled from an illness she caught when she was in elementary school. With the support, Maria Ines Fatmata Bangura successfully obtained a license in accounting and was able to become who she is today.

In Mariam Kamara’s “To the supporters” 2020/10/30 message, she thanks the supporters for helping her get into N‘Jala University with the support funds and also talks about how hard she worked to pass the National Nursing exam.

On pages 4-5, is “After the Charity Jazz Concert”, a message from guitarist Shinri Tanaka. She talks about how they had to come to host this concert, and her feelings for Africa and African music.

Details about the concert can be found in a report “Sierra Leone support : Charity Jazz Concert in Shimo-Kitazawa” compiled by Walking Together HQ staff, Ayako Yamamoto, on pages 5-6.

On page 7 is “Voices from supporters”, followed by an announcement from HQ, which covers the difficulty sending funds, charity jazz concert, Sr. Yoshida update, and relief supplies.

Photos

P1 (left) : Matching ribbons on the day of the school festival

  (right) : The very happy Sr. Shirahata teaching music

P2 (top right) : Sr. Shirahata preparing for class after suffering Malaria

P3 (top right) : Sr. Shirahata and Maria Ines Fatmata Bangura 

P4 (top left) : Mariam Kamara in training clothes

P5 (top left) : Shinri Tanaka with her guitar

P6 (top left) : Ayako Yamamoto at reception

 

P8 (top) : Charity Jazz Concert stage

   (bottom) : Sr. Shirahata and the children

 

         (Copy:Hiroko Gotoh Translation:Ayako Nokuo)

BOLETIN Nr. 31

 

BOLETIN  Nr. 31

 

Mensaje de la hermana Bernadita Shirahata

 

Ante todo quiero agradecer a todas las personas que han participado en el concierto de beneficencia realizado en Tokyo en diciembre del año pasado,una reunion que tuvo lugar en la Navidad y en medio de la pandemia

Aquí hemos pasado una Navidad y Año nuevo tranquilo

La pandemia que esta azotando al mundo desde hace mas de un año ,no ha sido tan grave para nuestra comunidad

Como habíamos temido en un comienzo.,pudimos reunirnos todas las hermanas del misión esparcidas en todo el pais

Dedicamoa este tiempo para rezar, descansar ,y disfrutar el tiempo libre.

El medio ambiente

Cuando llegue hace 44 años ha este pais ,los bosques ,la vegetación,todo el verdor en abundancia cubrían un 80%del pais y ahora se ha reducido a menos del 50%,en el año hay dos estaciones de seis meses cada una, tiempo de lluvia y tiempo seco

Recienter aun siendo un pais tropical ,con los cambios climáticos ,en octubre la estacion de las lluvias,la temperatura baja mucho y el uso de la madera para la calefacción y para hacer carbón ,aumenta,se van exterminando los bosques.Dos veces por semana unos 35 camiones van cargados de madera hacia el,pais vecino Guinea,pertenecen a una empresa china

El gobierno no hace nada para reponer los arboles talados y en las tierras altas, los cultivos de arroz, cereales se ven afectados por la falta de lluvia , además los gases de los camiones dañan mas aun el medio ambiente

Ahora se vende agua en bolsas de plásticos ,que son desechadas, por todas partes, estamos tratando de reciclar las bolsas y las botellas también,estamos recién empezando. El gobierno esta dirigido por el presidente que solo beneficia a una determinada región,donde viven los miembros de su grupo étnico , el resto de las comunidades no recibe ayuda

Así y todo la gente ss optimista con esperanza en un futuro mejor y comparten lo poco que tienen con sus projimos, esta actitud y la calidez que brindad nos fortalece a toda la misión para segur adelante .

 

Mensaje de la guitarrista Shinri Tanaka concierto de jazz a beneficencia de Sierra Leona

Mi encuentro con la musica de Africa fue cuando estudiaba en el conservatorio de Berkley en Boston, allí conocí al señor Lionel Louke de la República de Benin, musico reconocido mundialmente, su estilo nos hace sentir el espíritu de Africa

En el concierto el percusionista se. Kunio Suzuki me explico que la guitarra es un instrumento que se emplea mucho en la musica de Africa quizás porque se adapta a su ambiente, alegres sonido ,fácil de llevar y se puede tocar en todos lados

El padre Sekine, me invito a participar y me pidió si podía escribir una melodia para hacer conocer mas a Sierra Leona, y así nació la pieza titulada Sierra Leona, me inspire conociendo la labor de las hermanas ,las actividades de Caminando Juntos y toda la gente de la misión, agradezco de todo corazon la oportunidad de colaborar con esta obra

 

Mensaje de la sra Ayako Yamamoto

Staff de Caminando Juntos Walking Together

El concierto de jazz , con la participación del Quinteto Shinri Tanaka, cuyos componentes son egresados del Conservatorio Berkley

De Boston, se realizo con el apoyo del ayuntamiento de Barrio Setagaya ,Carita,y la iglesia de Shimo Kitazawa

Primero se proyectaron videos sobre  el pais,la mision ,la escuela,el taller vocacional, también se distribuyeron los números anteriores de los Boletines y se presentaron los trabajos manuales de las alumnas, todo fue apreciado y se vendieron todas las obras del taller vocacional

El concierto fue fantástico , la musica, el ritmo , los interpretes nos envolvieron con su ritmo de Africapag emocionante

Fue una gran experiencia inolvidable.

 

Mensaje de nuestros colaboradores de todas partes del Japon

El boletín nr 30 con el mensaje de la srta G.Garbo,me lleno de emoción conocer que con la ayuda de Caminando Juntos ha podido trabajar y sostener a su familia

Aunque es muy poco ,quisiera continuar ayudando a la misión, aquí les envio sellos postales

El trabajo cotidiano poco poco, lleva a un futuro positivo para todos los niños

Gracias a todos los miembros de la misión

 

Informe de la oficina de la comisión Caminanso Juntos

 

En febrero ha concluido el primer semestre del año fiscal Septiembre 2020-Agosto 2021

Hemos enviado la remes a OLG ,MI ,presupuesto para educación, falta enviar ,para salario mensual ,actividades multipleay el comedor de RC

Hay una disminución de los ingresos. Segun el informe de la hermana Bernadita , no se puede sacar dinero del banco,por lo tanto vamos a confirmar la seguridad y para enviar la próxima remesa

Agradecemos mucho a todos los interpretes , al personal de ayuda y a todos los asistentes al concierto de jazz.

 

La hermana Clara Yoshida

Se esta recuperando paulatinamente, su condición es estable, la recuperación total posiblemente durara todo este año

 

Encomienda

Los informes recibidos, los paquetes están en el correo de Sudáfrica . Cuando pase la cuarentena esperamos se reenvien a Lunsarl

Fotos

Pag 1  izq festival escolar,der hermana Bernadita en clase

Pag 2 hermana Bernadita recuperada de malaria

Pag 3 hermana Bernadita y Maria Inés Fatmata Bangura

Pag 4 Mariam Kamara equipo de entrenamiento

Pag 5 Shinri Tanaka guitarrista

Pag 6 Ayako Yamamoto en recepcion

Pag 8 concierto de jazz a beneficencia de Sierra Leone

 

traduccion Marta Tanaka

 

2021年3月13日土曜日

会報31号の発行を前に

  311、東日本大震災から10年が過ぎた被災地の様子を伝える番組を多数見ました。いまだに見つからないご家族を探し続けておられる方々、生まれ育った故郷に帰ることもできないでいる方々、一瞬にして最愛の家族を失い深い悲しみの中に日々を歩んでおられる方々・・・慰め励ます言葉は見つかりませんが、ただ、主が豊かに励まし、恵みを溢れさせてくださいますようにとお祈りいたします。そしてまた、笑顔をもって今を逞しく生きておられる姿には沢山の勇気をいただき感謝いたします。

 “ともに歩む会”本部では、会報31号の原稿が完成し印刷所に入れる事ができました。その後に、現地のシスター白幡などから大事な情報が届けられました。そのいくつかを紹介いたします。

◆シエラレオネのコロナ感染が心配されますが、幸いに感染爆発は起きていないそうです。しかし、最近になり隣国ギニアで再びエボラ出血熱の感染者が出てきて、既に数名の死者が報告されています。シエラレオネとは川一つを隔てた隣国で、数年前のエボラの大流行もここから広がった所であり、心配です。

◆今年度になり政府からWFP(世界食糧計画)による食糧の支給が数回あったそうです。50kgと明記されているのに半分ほどの中身であったりするなど、まだ不安定ですが今までは口先だけあった政府からの食糧支援が実行されたことを喜んでいます。地区長からは「給食支援費の減額を検討されてもよい」とのメールをいただきましたが、今年度は多目的支援の予算を大幅に減額しているので、今まで通り月額7,000ドルの給食支援費を送金するので、余剰金が出た場合は多目的支援として柔軟に対応して欲しいと伝えてあります。

◆会報の28号でハウエル岐美子さんが“シエラレオネフレンズ”40年の働きを紹介してくださいましたが、この度、ハウエルさんが体調を崩してしまわれ、仲間の浅野さんと相談して、フレンズの活動は今年度をもって終える事を決断されたそうです。しかし、シエラレオネの支援は何としても継続したいので、支援者のお一人おひとりの了解を得られるならば、ともに歩む会に直接支援金を振り込んでいただくようにしたい・・・とのことでした。ハウエルさん・浅野さんの今までのご尽力に心から感謝申し上げるとともに、フレンズの仲間の皆様には今後ともよろしくお願いいたします。

   10年前、日本の震災のために祈る子ども達
          (菅野勝治郎)      

2021年2月7日日曜日

チャリティージャズコンサート動画

 12月25日に開催された「チャリティージャズコンサート」の動画がyoutubeでアップされたとの知らせをリーダーの田中真理様からいただきました。

下記のページを開いて是非ご視聴ください。

2月を迎えて

  2021年は早くも2月を迎えました。緊急事態宣言の1か月延長が発表されて、息が詰まるような思いの日々ですが、皆様はお変わりありませんでしょうか。                    

本部には、7年前に帰天されたシスター根岸の従妹に当たる方がコロナに感染のためご逝去との知らせがありました。また、クララ会のシエラレオネ地区長・シスター アドリアナは、妹ご夫妻がコロナに感染の知らせを受け、メキシコに帰られたそうです。病院が満床で入院はできず、お子様方とともに自宅で療養中とのことです。

コロナ禍の一日も早い収束を祈ると共に、亡くなられた方々とそのご家族の上に、また今コロナで苦しんでおられる方々の上に、厳しい状況下で働いてくださっている医療従事者の方々の上に、主の省みが豊かにありますように切にお祈りいたします。

 

このような厳しい状況の中ですが“ともに歩む会”の支援活動はお陰様で守られています。25日には、2月分の給食費と幼稚園・MI職業センターの多目的支援を送金することができました。

121日には給食費とMI校の教育支援費を送金しました。1月の送金が下旬になりましたのは、12月の送金が現地の銀行に現金が無いことを理由にしばらく引き出すことができないという事があったためです。日本では考えられないことですが、シエラレオネ国内の政治・経済の不安定さには困惑を禁じえません。そこでしばらく様子を見て、現地からもう大丈夫との連絡を受けてからの送金とした次第です。

 

 一昨年に送った支援物資も、半分程度は届いたのですが、残りの分については麻生郵便局に再度検索を依頼していました。その結果、南アフリカでストップしたままで、ロックダウンの影響で全く進めず、日本に送り返すことに決定したとの回答がありました。数については不明ですが、送料等は返却されるとのことでした。

 コロナ収束後に再挑戦したいと思います。シスター白幡からは「残念ですがコロナで苦しむ人を考えれば何でもないことです」との便りがありました。

大変お待たせした12月のチャリティーコンサートの動画は、ようやくユーチューブにアップされました。次のブログにお進みください。            (菅野勝治郎)



2021年1月12日火曜日

シスター白幡から新年のお便り

 

ともに歩む会の皆さま 

新年あけましておめでとうございます。2020年も私たちと共に歩んでくださったことを心からお礼申し上げ、今年もさらにご一緒していただけるようお願い申し上げます。

 

 2020年が明けたとき、世界中のだれがコロナの感染を予想したでしょうか。最近日本でも感染が急増していることを知ってとても心がいたみます。

シエラレオネで感染が広がったら医療体制の乏しい国でどう対処するのかと多くの方が心配してくださいました。とても苦しい状況になっても遠く離れたアフリカのことを思ってくださる優しいお心遣いに感謝いたします。幸いと言うか、不幸と言うかわかりませんが、 フリータウンの大きな病院に行かなければコロナの検査ができないので地方(約120キロ離れています)にいる私たちにとっては、何も分からずどこ吹く風かというような感じです。

学校も10月には再開しましたし、以前は感染を避けて教会のミサも神父様とシスターたちだけが与って世界中の感染者と亡くなられた方たち、そのご家族のためにお祈りしていました。9月からは一般の信者の皆さんもミサに与れるようになり、その時はソーシャル ディスタンスのために3つのミサがありましたが、今は一つだけです。マーケットに行ってもすごい人混みですし、フリータウンでもマスクをしている人はとても少ないです。ただ政府からの要請で幼稚園の入り口の前で手を石鹸で洗い、検温することはやっています。

 

コロナよりはマラリアの方が多く、毎日幼稚園だけでなく小中高の生徒が高熱でうなされながら、修道院に連れて来られ、その度に看護婦であるシスターアドリアナ地区長が診て薬をあげたり注射をしています。彼女自身も何度もマラリアに掛かっています。彼女は本当に自分のことを考えずにいつも私達シスターや人々の面倒を見てくださっています。

コロナの影響で、世界中で仕事の無くなった家族も多いし経済的にも早期の復興が望まれますが、安心して生活できる社会が早く来るために私たちにできることは何でしょうか。どんな状況にあっても常に神に立ち返ることが大切なのではないでしょうか。愛する人を亡くし、茫然とし、悲しむ人々をマリア様が慰めてくださいますように。このつらい試練が終わり、希望と平和が再び未来に見い出せますように。国々の責任者を支え、彼らが賢明さと配慮と寛大さを持って生活の必要に欠く人々を助け連帯精神を持って社会的経済的な助けを計画できますように。

 

 10月から学校が再開され毎日の給食も始まり、大勢の子供たちが元気に無事に年を終えることが出来たことを感謝するために小中高それぞれの学校ごとに学校のプランに従って神父様をお呼びして感謝のミサが捧げられました。幼稚園生は長いミサの代りに修道院の庭のマリア様のご像の前でロザリオの祈りをしました。1217日には例年通り玉川ランチをエンジョイしました。ただ牛はとても高くなったのでチキンの二きれ入ったテイクアウトのランチにしました。それは家族全員でおいしいランチを味わうことができるからです。ソースを少しでも多くするためにシスターエスメラルダが日曜日にも関わらずマンゲまで車を走らせて茄子、玉ねぎ、サツマイモなどを買いましたし、シスターアドリアナもチキンを少しでも安く多く買うためにマケニに行きました。前の日の午後から夜中中かけて15人位の人がお料理してくれました。この日を子供たちだけでなく父兄たちも毎年首を長くして待っているのです。玉川学園の先生方、今年も有難うございました。

 

 今シエラレオネの銀行にはお金がなく、日本から送っていただいたお金も引き出すことが出来ず、買い物もできないクリスマスになりましたが、クリスマスから新年にかけてマンゲ、マイル91、ルンギ、フリータウンとカイラフンのシスターたちがルンサに集まり、にぎやかで楽しい日々を過ごしました。いつもより多くの時間、レクリエーション、映画鑑賞、ゲームなどもありました。

 

 この10日間ぐらいのあいだ、体の中にも蟻がきて、チャペルでのお祈りの時間、食事、お部屋での仕事中、そして夜中にも体中チクチク刺されて、寝る時は10時半の消灯の時水だけのシャワーをして蟻を流して、休もうとしましたが、ベッドに横になっても蟻はやってきました。仕方なく電気をつけて丁寧にシーツの上や下を調べましたら、30匹以上見つかりました。翌日若いシスターがお部屋中の大掃除をしてくれ、殺虫剤もまきました。何とマットレスの中にたくさん蟻が住んでいました。すぐにベランダに出し、他のマットレスに替えました。その夜は久しぶりに全く蟻に悩まされずによく眠ることが出来ました。

毎朝起床時の5時に係のシスターが ”主は賛美されますように”と言って 私達は、”今もいつも”と答えますが、それさえも聞こえないほどよく眠りました。神に感謝でした。

 

14日から2学期が始まりました。11月のはじめにローマの本部からシエラレオネ人で総本部評議員の一人であるシスタージョセフィンがいらして、特に中高生の面倒を見てくださっています。

 私も去年の1129日に79歳になりました。この教会に来ている人の中で一番の年寄りです。最後まで他者に対する思いやりと感謝を持ち続けられたらこんなに素晴らしいことはないと思います。毎日今日までありがとうございましたと感謝しながら休みます。

 皆様お一人お一人のお祈りと援助のおかげで私達の使途職は成り立っていることを忘れることはできません。

本当にありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いもうしあげます。心からの感謝をこめて。

  202119日  シスター白幡

2021年1月1日金曜日

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。

シスター アドリアナ地区長から下のカードが送られてきました。

また12月25日に開催されたチャリティージャズコンサートは感動のうちに幕を閉じました。動画は、近日中に配信されます。このブログでご案内します。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。    (菅野)


人々が変われば世界は変わります。

変わるために、人々は神からの光を必要としています。

"クリスマスの夜に"  さあ、私たちの聖夜です

                                 教皇ベネディクト16世

 

"神の子キリストの誕生の喜びとその祝福があなたがたのものでありますように"

 私たちシエラレオネの祝福された宣教クララ修道会のシスター一同から、願いと祈りを込めて

メリークリスマス&ハッピーニューイヤー


2020年12月28日月曜日

チャリティージャズコンサートの動画配信について


 
 
12月25日に開催しましたチャリティージャズコンサートは、お陰様で無事に終了しました。
 
動画の配信は、1月初頭に公開予定になります。リンク先などは決定次第このブログでお伝えします。
    
                   (菅野)