2019年4月1日月曜日

会報23号を掲載

“ともに歩む会”の会報23号を掲載しました。
上のメニューバーの「会報」をクリックし、会報23号をダウンロードしてご覧ください。
今回は、シスター白幡誓願50周年記念ミサに関する写真と記事もぎりぎりで掲載することができました。英語とスペイン語で会報の概要も紹介しています。このブログの下をご覧ください。


数年前に医療ボタンティアとしてシエラレオネを訪問された堀井翼さん(埼玉医科大学4年生)が、丁度に記念ミサに間に合うようにルンサに入られ、3月25日に帰国されました。再訪問の報告文は次号の会報にご寄稿いただきますが、帰国の第1報をいただきましたので紹介します。

 


「昨日、無事に帰国いたしました。シスター吉田、シスター白幡には大変良くしていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。
 沢山の喜びと励ましをいただいてまた、シスター白幡の修道誓願50周年の感謝のミサに預からせていただいたこと、特別な旅となりました。(後略)3・25

 写真は、記念のミサを終えての行進の様子と思われます。

summary of bulletin No.23



Thank you for always helping and praying for us with a generous heart.

Here is a summary of bulletin No.23 of “Walking Together”.

 

Photos on page 1 are grouped with the copy “Sr. Shirahata celebrates 50 years in vows of religious order”. Many kindergarten children are happily singing together with Sr. Shirahata. The photos below the copy are from the mass of Sr. Shirahata’s 50 year celebration. On the left is a group photo with Mr. St. Clare's president Martha Hernandez and Councilor Sr. Susanna. The middle photo is Sr. Shiharata giving a prayer and the right photo shows the filled church.

 

A letter from Sr. Shirahata is on page 2. This was written on Feb 15th, and so she does not talk about the 50 year celebration mass. We will share Sr. Shirahata’s thoughts on the mass in the next edition. This edition of the letter starts with a new year’s greeting, followed by 2 episodes.

In the first episode, Sr. Shirahata talks about a man, a father of student, who fell from the 2nd floor of a construction site and hit his head. He was carried to a hospital, but did not have conscience and the following morning was vomiting and not making the situation any better. The children all prayed for his recovery. The man finally came back healthy after 10 days, and Sr. Shirahata thanked the Lord for listening to the prayers of the children.

 

The second episode is about a woman who looks after 10 children on her own – not all who are her own – and since her husband cannot work due to illness. So that she can earn some money, Sr. Shirahata has given her work at the kindergarten which has helped her life a little.

Sr. Shirahata comments “No one can live alone. People live by helping one another. Recently, I feel it is important to be able to see the invisible world that is hidden in what can be seen.”

 

Sr. Shirahata hands presents to the children in the photo on page 2.

The first half of page 3 is a letter from Mr. St. Clare's president Martha Hernandez. The president starts by a statement of thanks for the “Walking Together” bulletin and also talks about former president Mother Julia Meijueiro Morosini who passed away last November 16th. She reflects by remembering former president Morosini looking forward to receiving the bulletin every month.

 

From the middle of page 3, Sr. Kamoi (Clara Monastery Japan Director) talks on “Celebrating Sr. Shirahata’s 50 years”. She starts with explaining the meaning of 50 years and deeply shows respect for Sr. Shirahata’s 50 years. She also states “The long journey to celebrating 50 years is a result of her own efforts, but moreover a blessing of God. She also thanks Sr. Shirahata’s parents for bringing such a wonderful daughter into this world, other family, friends, and especially members of “Walking Together”. Thank you God.”

 

The photo on page 3 are from the meeting in Costa Rica. In the center is Mr. St. Clare's president Martha Hernandez and on the left is Sr. Kamoi.

 

The bottom of page 3 is a letter from Ms. Masumi Tamai, a member of the Catholic Azabu Church – where Sr. Shirahata is from. Ms. Tamai has formed a group within the church called “Polvoron”, which has been supporting Sr. Shirahata’s activities. Ms. Tamai’s group has been doing charity by making “Polvoron, a famous Spanish snack, and they have been regularly giving to “Walking Together”. Sr. Shirahata’s 50 year celebration was great news for the group, and they promise to give more in their future activities.

 

The photo on page 4, is Sr. Shirahata with the Polvoron members, Ms. Masumi Tamai is on the left in the first row.

 

The second half of page is “My Sierra Leone Diary” by Ms. Saori Hitomi, a 2nd year student at Kochi University. Last summer, Ms. Hitomi visited Sierra Leone and volunteered for 3 weeks staying at Lunsar Monastery. School was off for the summer, but she helped prepare for the new school year and also taught origami. She actively visited the city and sometimes enjoyed dancing with people.

To further her research, Ms. Hitomi is planning to visit Sierra Leone again this year.

 

The photo on page 5 is Ms. Hitomi teaching origami to a junior high school student.

 

Page 5 is a column on voices from supporters. There is one letter that came from a Sunday School teacher who states “Children in class are gathering money to exchange Christmas presents, which we all agreed to give to support Sierra Leone. Please use this charity to cover for lunch.”

 

The second half of page 6, is “Connection with “Walking Together”” by Ms. Midori Hamamoto, a member of “Walking Together”. Ms. Hamamoto has long been the Japanese representative for the famous world group “Faith and Light” (https://www.faithandlight.org), a group that gathers every month to support the physically disabled. In the international conference held in Warsaw in 1994, she met one student who had come from Sierra Leone. He had badly hurt his leg during civil war. After returning home, Ms. Hamamoto wanted to send support so that the student could get treatment on his leg. She was having issues getting in touch with the student, but when she got the opportunity to talk with Sr. Negishi on the phone, we was fortunate to get in contact with the student.

 

After the conference, Ms. Hamamoto visited Auschwitz with an Irish Priest and learned 2 things. The first is that the sad history the city faced in the past is not the fault of a special group of Germans, but that it could have been anyone’s fault had someone thought the same. And, those who gave up their lives to save others – it is all action by people.

 

Ms. Hamamoto says “It has been 25 years since this experience, but the world today is full of greed and control. As long as one’s own country prospers, as long as one’s own family is happy seems to be the thinking these days. I feel happiness that there are people who are willing to support people in countries far away.”

Photo on page 6 is Ms. Hamamoto.

Photo on page 8

Top left: Agnes, a scholarship student. She graduated nursing school and got her nurse license. The photo is from training at a national hospital. She wants to aim for a higher license and is studying har for it.

2 photos on the bottom left: Children eating a traditional beef lunch on “Mother Guadalupe Holiday” (December 12th)

Top right: Girls happy having received clothing support

Middle right: Excited to eat pancakes for the first time.

Bottom right: A picture drawn with crayon by an elementary school student

 

(Copy:Katsujiro Kanno, Translation:Ayako Nokuo)

Boletin nr.23 resum


Apreciadas Hermanas :

Agradecemos a toda la comunidad misioneras sus oraciones para nuestro grupo y colaboradores.

aqui les estamos enviando el boletin nr 23, version espanola.

 

Pag 1: fotos Celebracion del 50 aniversario de los Votos de la hermana Bernadita Shirahata, rodeada

           de los ninos del Jardin de infantes, cantando y bailando.

           der. La Superiora General Madre Martha Hernandez, la Vicaria general hermana Susana

           centro. la hermana Bernadita ,oracion de agradecimiento,izq. participantes de la Misa.

           El mensaje de la hermana Bernadita en  oportunidad del aniversario ,lo presentaremos

           en el proximo boletin.

Pag 2: informe de la hermana Bernadita (15 de febrero ) nos comenta sobre el caso de un albanil

           padre de un alumno del jardin, que se accidento al caer del 2 piso de la obra en construcccion

           (esta obra esta a cargo de la hermana Clara Yoshida),su condicion grave, con perdida del cono-

           cimiento y problemas respiratorios,afligia a toda la comunidad, entonces los alumnos del jardin

           rezaron dia tras dia ,por su recuperacion y milagrosamente, a los 10 dias ya le dieron de alta!

           Gracias a Dios, las oraciones de los pequenos ,logro hacer este milagro. Otro caso ,es el de una

           senora,viuda, que cuida no solo de sus ninos, sino tambien de los ninos de sus parientes,en total

           10 personas, la comunidad le encargo la limpieza del Jardin y otras tareas, y gracias a este trabajo

           con la remuneracion puede dar de comer a toda su familia, la viuda esta realmente agradecida de

           esta ayuda. Las palabras de la hermana Bernadita. “Nadie puede vivir solo,siempre es necesaria

           la mano amiga, a veces vemos solo las cosas visibles, pero si miramos con amor y atencion, podemoa

           otro mundo que esta oculto, y que necesita de nuestra ayuda urgentemente “

Pag. 2: foto de la hna Bernadita repartiendo presentes.

Pag 3: pra.parte mensaje de la Madre Superiora Martha Hernandez,nos agradece el envio del boletin nr 22

           que es esperado por todas las hermanas,nos comenta que la Madre Superiora anterior ,Madre Julia

           Meijueiro, quien retorno al cielo, el 16 de noviembre , tambien leia con gran gusto el boletin del grupo.

 centro: mensaje de Superiora General de Japon, hermana Kamoi, en oportunidad del 50 aniversario de la hermana Bernadita”Desde que hizo los votos han pasado 50 anos, toda una historia, ese largo camino  que empezo hace medio siglo, con la bendicion de los padres, que dedicaron a su amada hija, a los servicios de los demas, y que continuo con el apoyo de toda su familia, amigos , y especialmente el grupo Caminando juntos  la proteccion y la misericordia infinita de Nuestro Padre celestial,para la hermana Bernadita y su obra de amo  le damos gracias de todo corazon

     mensaje de la iglesia de Azabu ( donde pertenecia la hermana Bernadita)la sra. Masumi Tamai , del grupo “Polvoron  organizada por los miembros de la iglesia, cocinan este delicioso postre tradicional espanol,para obtener fondo  que se envian a Sierra Leona periodicamente,nos manifiesta su gran alegria por el aniversario y su proposito de conti nuar la obra de ayuda como hasta ahora

Pag 4: la hna Bernadita rodeada por el grupo Polvoron, fila delantera izq.,la sra. Masumi Tamai.

          mensaje de la srita. Saori Hitomi, estudiante de 2 ano de la Universidad de Kochi, nos relata su experiencia en S.Leona  en el verano del ano pasado ,estuvo 3 semanas en la mision de Lunsar trabajando como voluntaria. Durante su estadia,

         epoca de vacaciones escolares ,en Lunsar,colaboro para los preparativos para el nuevo ano escolar, enseno origami a las estudiantes de la secundaria, visito muchos lugares del pueblo, compartio con la gente local ,comida, bebida, danza.

         Este ano, planea visitar otra vez la mision, durante las vacaciones de verano.

Pag 5:foto la srta Saori ensenando a las ninas.

        mensaje de nuestros colaboradores: de una escuela dominical, el maestro nos cuenta que los ninos decidieron donar el dinero que tenian preparado para los regalos de Navidad, a los ninos de S.Leona.Nos pide que destinemos esta donacion

       para el comedor escolar.

Pag.6: mensaje de la sra. Midori Hamamoto (miembro de Caminando Juntos) La sra. Hamamoto es la representante en Japon del grupo internacional Faith Hand Light, que asiste principalmente a las personas con descapacitacion mental.

         Nos relata su encuento con S.Leona ,cuando asistio  en 1994 a una reunion internacional en Varsovia , en su calidad de representante

        en esa ocasion conocio a un joven que habia sufrido la amputacion de una pierna durante la guerra civil en S.Leona. Al regresar a Japon trato de buscar la manera de ayudar a este joven en el tratamiento medico asi fue cuando ,por la providencia ,se contacto con la hna,

        Leticia , y entonces supo de nuestro movimiento y fue de esta manera que nos presta su valiosa ayuda desde entonces.

        Tambien .nos cuenta que visito Auschwitz ,junto con un sacerdote irlandes, alli aprendio dos cosas importantes: una ,que la tragedia de Auschwitz, no es algo particular de un determinado grupo de gentes-nacionalidad, sino que es un terrible suceso, que puede ocu rrir en cualquier lugar, y aun nosotros mismos podemos ser los culpables ,tambien conocio que muchas personas alemanas, arriesgaron

        y hasta perdieron sus vidas tratando de salvar a los perseguidos.En el transcurso de los 25 anos de su primer encuentro con S.Leona,

        siente pena que sigue existiendo,el agocentrismo, cada persona piensa en su propio bienestar, sin importarle la situacion de los demas.

        otra leccion valiosa que aprendio es que en medio de este estado general de apatia, hay gente, grupos grandes, pequenos , que sin cesar

        continuan luchando para brindar cada dia ,el sustento y la estabilidad en la vida diaria, a otros pueblos lejanos,cooperando mutuamente

        por un futuro con esperanza , realmente es algo que conmueve y nos da energia y verdadera felicidad. foto sra. Midori Hamamoto

Pag 8:Srta Agnes ,becaria, se graduo como enfermera ,en la Universidad de Enfermeria, la srta Agnes contiunara sus estudios superiores.

          fotos: Fiesta de Nrta Sra. de Guadalupe, 12 de diciembre, almuerzo especial, con carne de vaca.

          probandose los nuevos uniformes, adquiridos con las donaciones, saboreando panqueques, contentos con los crayones.                         

    fin

Profesor Katsujiro Kanno   Representante de Caminando Juntos

 

(traduccion Marta Tanaka)

2019年3月21日木曜日

シスター白幡誓願50周年記念ミサ②


いつもご支援をいただきありがとうございます。

 330日発行の会報23号の原稿を印刷所に入稿することができました。この会報には「シスター白幡は、修道誓願50周年記念の年をむかえられました。」との見出しとともに、その記念のミサの写真が掲載されています。また、急遽寄せていただきました、誓願50周年を祝うお便りも掲載することができました。     

 シスター白幡ご自身の誓願50周年を迎えられての思いは、会報24号にて紹介させていただきますが、素晴らしい祝福された記念ミサが行われたそうです。ここでは、会報に載せられなかった写真をいくつか紹介します。
 

 上の写真は、記念ミサに出席されたクララ会総長のマドレ マルタ エルナンデス(中央)、総評議員のシスター スサナ(後列)、左端は、シスター白幡と一緒に50周年を迎えられたシスターと思われます。
 
     

 上の写真の白いベールを被っている女性は、修道女になるための教育を受けている修練者です。
 
 
 上の写真のベールを被っていない女性は志願者だそうです。それぞれ、総長から祝福と励ましをいただいている場面と思われます。こうした若い方々がシスター白幡の後を継いで、シエラレオネの宣教活動に取り組んでくださることは本当にうれしいことです。
 
 

 上の写真は、会報でも紹介した奨学生のアグネスさんです。優秀な看護師として多くの期待を集めています。(菅野勝治郎)

 

2019年2月23日土曜日

Sr.白幡の誓願50周年記念ミサ


こぶしのつぼみが大きく膨らんできました。いつも変わらないご支援をいただき、心より感謝いたします。

 シエラレオネとのメール環境は相変わらず思わしくなく、シスター白幡からのメールも、ローマ字で数行ということが多くなりました。シスターアドリアナ地区長は長期の出張中で、シスター白幡が留守を預かる一人として頑張っておられるようです。
 
 
  子どもたちにホットケーキをごちそうしたSr.白幡
 
 そのようなメールの中に、39日に、シスター白幡の誓願50周年記念のミサが行われると書かれていました。

 日本地区長のシスター鴨井にお聞きしましたら、今年はクララ会の日本人シスターは4名が誓願50周年を迎えるそうです。海外派遣中の方はシスター白幡だけで、希望すれば母国に帰国して記念ミサに預かることもできるようですが、シスター白幡からはそのような便りはありません。

 シスター鴨井によると、この誓願50周年記念ミサは、50年の恵みに神様と修道会、家族、すべての後援者はじめ、お世話になっている方々にミサを通して感謝をささげ、お祝いするのが目的だそうです。修道会では、一般の結婚と同じように、25年、50年の節目の年にお祝いするそうです。

 シスター白幡がいつか、「これが私の結婚指輪です」と、誓願記念の指輪を恥ずかしそうに見せてくださったことがありました。50年のうちのほとんどをシエラレオネで過ごされたシスター白幡の50年記念ミサが祝福に溢れますようにお祈りしたいと思います。

 

 27日に2月分の給食支援費とMI職業センターの教育支援費・奨学金合計14,000ドルを送金することができました。31日には、3月分の給食支援費を送金します。

4月以降は、OLGの給食支援費だけでなく、年間予算にありますRC男子校の給食支援費や医療支援、多目的支援なども送金できることを願っています。 

コンテナでの輸送を期待してお預かりしている支援物資は98箱になりましたが、グッドリチ ルミさんのお父様が重篤なお病気になられ、その看病のために今少し待って欲しいとのことです。祈りつつお待ちしたいと思います。

 どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。                (菅野勝治郎)

2019年1月28日月曜日

総長 マザー マルタ エルナンデスからのお便り


宣教クララ修道会の総長 マザー マルタ エルナ   

ンデスから、下記のメールをいただきました

 

親愛なる菅野代表と ともに歩む会の皆さま

 
会報22号が届きました。ありがとうございます。

このたび、マザー フリア メイフエイロ モロシーニ前総長が長い病気の末に天に召されました。2018年11月16日でした。
 
 
神の恵みを受けて今は天におられるわれらの救い主とともに、私たちのことを見守ってくださっていることと思います。

マザー モロシーニはいつも“ともに歩む会”の会報を楽しみに読んでいました。

私たちも同じように、首を長くして待っていました。

 シエラレオネのミッションに掛替えのないご支援を、ずっと続けて頂いていることに対し、ともに歩む会の皆様に改めて感謝の気持ちを、述べさせていただきます。
神の恵みが皆様の上にありますように。

御聖体のクララ修道会総長 
マザー マルタ エルナンデス
 
 
 
・マザー モロシーニは私どものことをいつも励ましてくださいました。クララ会の皆さまの上に主の豊かな慰めがありますようにお祈りいたします。
 16日に、1月分の給食費、幼稚園の多目的支援、OLG校の教育支援(奨学金)創立記念日の特別ランチ費用を送金できました。アドリアナ地区長から、送金の感謝とともに、今年はシスター白幡の誓願50周年記念のミサが行わるとの嬉しい知らせもいただきました。具体的な日程等は問い合わせ中です。
               (菅野勝治郎)

2018年12月28日金曜日

シスター白幡からのメリークリスマス

ともに歩む会の皆さま 
今年も残り少なくなりました。今こちらは1学期が終わって1月の7日まではお休みですが、日本ではありませんのにこちらも“師走”です。 先生たちは周りにいませんが、毎日誰かが訪ねて来ますし、大掃除やその他のことで毎日が瞬く間に過ぎていきます。
12月12日には毎年のように玉川ランチを子どもたち、先生たち、職員たち全員が楽しみました。
クリスマスは黙想中でルンギで迎え、修道院の近くのサレジオ会の教会に夜の10時にいきました。
クリスマスの日には修道院の中にある教会でお祝いしました。シエラレオネにいるシスターたち全員が集まって食事をし、ピニャータで大騒ぎし、その後いくつかのゲームでとても楽しい時をすごしました。(ピニャータというのは、メキシコの遊びで、おかしのスイカ割りのようなゲームだそうです。)
若い者も年を取った者も心を一つにしていて、家族の大きな愛を感じました。
もう一つのグループのシスターたちは26日から31日まで黙想をしています。

今年もいろいろなことがありましたが、皆さまのお祈りと大きな支えのおかげ様で無事に終わることができました。

本当にありがとうございました。子どもたちも毎日おいしいランチをいただいて、元気に遊び、学んでいます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。 皆さまお一人お一人とご家族の上に神様の豊かな祝福ありますようがありますようにお祈りもうしあげます。 
心からの感謝をこめて。 シスター白幡

2018年12月24日月曜日

Merry X’mas & A Happy New Year!

Merry X’mas  &  A Happy New Year!

主のご降誕を心からお喜び申し上げます。
例年、この時期になるとシスター白幡からクリスマスと新年の挨拶のメールが届くのですが、今年はまだ届いていません。インターネット回線の不調に、きっとシスターご自身が一番いらいらしておられると思います。
先日、シスターアドリアナ地区長が、12月12日の学園祭(創立者記念日)の写真を送ってくださいました。説明文は、私の推測で書きます。


 
 
生徒代表の挨拶。神父様が司式されるようです。


 

子どもたちが一番楽しみにしている、1年に1回の
お肉入り、特別ランチ。
今年は、牛肉にチキンも加わってとても豪華にな
りました。そのうえ、ビニール袋に入ったお水も添
えられました。



今年の春にコンテナで送ったお荷物の中から、この日のために保管しておいたプレゼントの品々を配られているところです。
子どもたちが覗いている段ボール箱には、「Walking Together」のサインが見られます。1年間、日曜のミサの出席率が良かった生徒や、勉強を頑張った生徒には、ご褒美の賞品としても渡されます。

いただいた洋服を見せ合って喜んでいるのでしょう。
  
  今、本部で預かっている今年の最後の品々(段ボール箱86箱)は、年明けにコンテナで運ばれる予定です。
皆さまのご支援のおかげで、こうして喜びを届けることができますことを、心より感謝いたします。
2019年もよろしくお願いいたします。
                (菅野勝治郎)





 








2018年12月10日月曜日

会報22号を掲載しました

“ともに歩む会”の会報22号を掲載しました。メニューバーの「会報」をクリックして、会報22号 をダウンロードしてご覧になってください。ご感想などを、メニューバーの「問い合わせ」から入って、メールでお聞かせいただければ感謝です。

紙面の都合で、会報に掲載できなかった写真の何枚かを紹介します。


     
      祈りを捧げる少女。

      
      シエラレオネの子どもが祈る真摯な姿には
      いつも尊いものを教えられます。
      かわいい制服姿ですが、よく見ると襟や
      袖口の白い縁取りが擦り切れています。
      1着の制服を大事に着ているのでしょう。





      給食を食べながら物思いに耽る少女。


      いつも明るい笑顔の印象的なシエラレオネの
      子どもたちですが、このような表情を見せる
      こともあるのですね。
      いつの日か、このワンプレートの給食に
      コップ1杯の水も添えてあげられたらと
      願っています。
 
 



      グッドリチさんがよく利用した村のコンビニ? 
      日常生活で必要な物のほとんどはこの店で購入できた
      そうです。


                店内の写真も送っていただいたのですが、暗くて

      掲載は無理でした。
      20インチぐらいのテレビも1台置いてありました。



 




    念願の排水溝工事が完了しました。

      以前は、雨期になるとこの道は水たまりばかりになって
      いました。