2022年9月20日火曜日

総会を終えて、Sr.白幡から

  917日にともに歩む会の本部総会が行われました。そこで決められたことは101日発行の ともに歩む会会報37号にてお知らせします。

この総会に出席予定であったシスター白幡は、心臓や脳の検査日と重なり出席できませんでした。総会が無事に済んだことをお知らせしましたら、次のようなメールを送ってくださいました。

 

 総会が無事に済んでよかったですね。

ともに歩む会のみなさま 昨日から台風が非常に強くなって大変ですね。暑さもだいぶ和らいでは来ましたが、まだまだ日差しが強い日もあります。

この3か月間 はじめはコロナが強くて外に出るのも怖いでしたが、8月になってからは、そうそう家の中にこもっていてもだめだと思いました。

4日から14日までは軽井沢の修道院で年の黙想があって、沈黙のうちに、祈る機会があってとてもよかったです。そのあと少しずつ外出はするようになりました。

ただ修道院ではお年寄りが多いし、コロナのことはとても注意しているので、この3年間、誰も修道院の中には入れませんでした。それで私も支援者の方たちにはできるだけ桜新町まで来ていただいて、近くのレストランでお食事をしたりしました。

9月には妹たちと富士の近くの山の家に泊まってゆっくりすごしました。十里木というところですが、とても静かでした。窓の外から富士山が大きく見えてすてきでした。河口湖の近くにもいきました。あまり長い期間ではありませんでしたが、家族と会えてとてもよかったです。

 

この3か月間、日本で過ごさせていただいたことを神に感謝します。今年も皆様のお祈りと尊い犠牲のおかげでシエラレオネの子どもたちはいつものように給食をいただき、十分に学び、十分に遊ぶことができました。本当にありがとうございました。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

神様のお恵みとマリア様のご保護が皆様とご家族の上に十分にありますように心からお祈りいたします。心からの感謝をこめて。     

   918日         シスター白幡                            

      グッドリチさん夫妻と談笑するSr.白幡

18日(日)の夕方、グッドリチさんから電話があり、「明日、シスター白幡を訪ねたいが、そこで代表とも会って話がしたい」とのことでした。急な話で、だれとも相談できませんでしたが、19日の10時に私ども夫婦で修道院に向かいました。

 

修道院の中には入れませんので玄関先だけでしたが、シスター吉田にもお会いできました。まだ食事が満足に摂れないとのことで、従来の元気は見られなかったものの、いつも通りの笑顔で対応していただきましたので、本当に感謝でした。

 

その後、シスター白幡を交えて、近くのファミレスで1時間ほど話をすることができました。その主な内容は次の通りです。

 

     ミスターグッドリチはかなり体調が回復され、来年初夏ごろまでには、再度、コンテナを出したいと考えている。

     今、シエラレオネは物価の高騰が激しく、ガソリンはなかなか手に入らない。物価高騰の要因は政府が輸入品に対して高額な税金をかけるからだ。

     油や砂糖などの生活必需品も日本よりも高いと思われるものも少なくない。

     支援金で送るよりも食糧(米など)や学用品などの支援物資を送った方が喜ばれると思うし効果的だとも思われる。現地の忌憚のない要望を聞き出してより効果のあがる支援を行いたい。

     コンテナで送った支援物資に対して関税がかかることは無いよう交渉する。

 

     “ともに歩む会”では、10周年の企画として「ドローンを使ってルンサの町やOLG学園の航空写真を撮るというアイディアがある」と話しましたら、「それは興味深い。可能性がありそうな所を当たってみる」とのことでした。

 

     シスター白幡は「明日、地区長に付き添ってもらって、心臓や脳の検査の結果を聞きに行く。その結果ではアフリカ行にドクターストップがかかるかもしれない。」

とのことでした。

本日(20日)、その診断の結果を知らせてくださいました。前に軽い脳梗塞を起こしたがそれ以後、薬を服用し続けていること、現地のシスターアドリアナ地区長が看護師であり、いつも健康観察をしてくださっていることなどを考量して、調子が悪くなったらすぐに日本に帰国することを条件に、23日に予定通りシエラレオネに向かうことを許してくださったそうです。

   そのメールの最後に

「ではまた。ご機嫌よう。お祈りのうちに。 シスター白幡」

と記されていました。        菅野勝治郎                          

 

2022年8月31日水曜日

年度末を迎えて

“ともに歩む会”は、831日が年度末になります。2022年度1年間のご支援、本当にありがとうございました。年度末ギリギリになってしまいましたが、826日に6月分と7月分の給食支援費150万円とMI校の多目的支援費27万円を送金できました。MI校多目的支援は予算の半分弱になってしまいましたが、その他は年間予算をすべてクリアして送金できました。1年間のお支え、心より感謝いたします。詳しくは101日発行の会報37号で報告いたします。

 


OLG中学校の授業風景

年度末に当たり、現地の会計責任者シスターエスメラルダさんから財務年次報告が送られてきましたが、驚いたことが一つありました。今年の3月から、政府からの給食用食糧の配給が再開されていたとのことでした。こちらからは、何度も政府からの食糧配給は再開されないのか?と、問い続けましたが、“再開された”との明確な返事はいただいていませんでした。きっと、“今回限りになるのでは・・・”との不安があってそのようにされたのだろうと推察しています。

当会としては22年度の給食支援費は政府からの支援があるものとして減額した予算で送っていましたが、23年度は給食支援費を増額した予算を立てました。その際にシスターエスメラルダからは「給食支援費は22年度通りで何とかやっていける」との連絡がありましたが、このような事情があったのだと、合点した次第です。

そして、政府からの食糧支援が再開されたことは、現地の自立に向かっての大きな一歩になると思いますので、喜んでその情報を受け止め、予算の練り直しに取り 組んでいます。

 

シスター白幡の日本滞在は923日までです。17日の総会にも出席していただく予定でしたが、近くのクリニックで診ていただいた所、国際医療センターで脳の検査を受けるように言われ、そこではさらに24時間の心臓検査を受けるように勧められて、16日・17日にこれを受けるそうです。総会に出席いただけないのは残念ですが、兎に角、日本滞在中にできることはすべてやって、アフリカに復帰していただきたいと願っています。



    MI職業センターの調理実習


 816日の英字新聞 NewYork Times に掲載された記事を、スタッフの田中マルタさんが翻訳して届けてくださいました。

 

物価上昇の不満が溜まってフリータウンでデモがありました。前月は静かなデモでしたが、今回は暴力的なものになりました。少なくても、4人の警察官が命を失い、何百人の人がつかまりました。

シエラレオネの人口の約30%が慢性的な飢饉の状態にあります。人口の半分が貧因層以下で生活しています。農業を営む人たちが、2倍になった肥料代に苦しんでいます。とってもやっていけない状態に落とされています。

インフレで物価が高くなりました。政府は、「デモは政府に反対する勢力によって仕組まれた」と発表していますが、実際に、一般の人たちの生活が苦しいことが産んだ不安と暴力です。(以上)     

 

先ごろチュニジアで開催された第8回アフリカ会議 TICAD8では、オンラインで参加した岸田首相が10億ドルの特別融資枠創設を発表されたそうです。自国の勢力拡大の場としてのアフリカ支援でなく、アフリカのためのアフリカ支援が進むことが望まれます。

“ともに歩む会”は小さな草の根の活動ですが、皆様のような支援者のおられる日本の国民であることがとても嬉しく、誇らしく思います。 (菅野勝治郎)



     アフリカの子ども祭りでのパフォーマンス