2018年12月10日月曜日

会報22号を掲載しました

“ともに歩む会”の会報22号を掲載しました。メニューバーの「会報」をクリックして、会報22号 をダウンロードしてご覧になってください。ご感想などを、メニューバーの「問い合わせ」から入って、メールでお聞かせいただければ感謝です。

紙面の都合で、会報に掲載できなかった写真の何枚かを紹介します。





      祈りを捧げる少女。

     シエラレオネの子どもが祈る真摯な姿にはいつ
     も尊いものを教えられます。

     かわいい制服姿ですが、よく見ると襟や袖口の
     白い縁取りが擦り切れています。1着の制服を大
     事に着ているのでしょう。





      給食を食べながら物思いに耽る少女。

                        いつも明るい笑顔の印象的なシエラレオネの子

      どもたちですが、このような表情を見せること
      もあるのですね。 いつの日か、このワンプ
                        レートの給食にコップ1杯の水も添えてあげら
                        れたらと願っています。
 



      グッドリチさんがよく利用した村のコンビニ? 
      日常生活で必要な物のほとんどはこの店で購入できた
      そうです。


                店内の写真も送っていただいたのですが、暗くて掲載

      は無理でした。20インチぐらいのテレビも1台置いてあり
      ました。

 




    念願の排水溝工事が完了しました。

      以前は、雨期になるとこの道は水たまりばかりになって
      いました。




 
 
 
 
 


 


 





Summary of bulletin N22 of “Walking Together”.


Bo“les agradecemos todo coracon sus oraciones para el grupo Caminando Juntos.

 

Pag. 1 foto Inicio del ano escolar del Jardin de infantes Tamagawa Shirayuri. La hermana

Bernadita Shirahata esta encargada de la clase de musica.

 

Pag. 2 El domingo 33 del Ano Liturgico (noviembre 28) ,el instituto Orients de estudios religiosos

publico en la liturgia que es distribuida a todas las iglesias y comunidades religiosas del Japon

el mensaje de la hermana Bernadita Shirahata. Este dia ,fue designado por el Papa Francisco

como el “Dia de oracion por todos los pobres del mundo”. “El salmista dice que ,el Senor no solo

escucha el grito del pobre,sino que le responde”

La hermana Bernadita Shirahata,escribio sobre Sierra Leone,uno de los paise mas pobres del mundo

“la gente del pueblo, aunque sufra hambre, nunca deja de ayudar al hermano en necesidad”

foto{ los ninos rezando junto a la hermana Bernadita.

 

Pag.2 segunda parte,mensaje de la hermana Elisa Padilla, en oportunidad de su traslado a Irlanda.

Nos cuenta sobre la obra de la hermana Leticia Negishi,durante muchos anos,y que es continuada actualmente

por las hermanas Clara Yoshida y Bernadita Shirahata en la mision de Sierra Leone.

Tambien recuerda con gran afecto a la hermana Leticia, en el aniversario de su regreso al reino del Senor

desde donde,junto con todos los santos, nos continua iluminando en esta obra, que la hermana inicio.

Como esta escrito en el Evangelio de San Mateo,25,40” Es verdados digo que cuantas veces hiciste eso a uno de mis

hermanos menores, a mi me lo hiciste”

 

Pag 3 foto hermana Elisa Padilla rodeada por los ninos, cuando estaba de Superiora Regional

Pag 4 reporte de la hermana Bernadita Shirahata ,sobre la actividad actual” Compartiendo

la vida diaria con los ninos , cada dia agradezco la presencia del Senor ,en la obra de educar a los pequenos.”

Nos informa que se ha abierto la escuela secundaria catolica en Kailahun, un distrito mas pobre que Lunsar.

Tambien la hermana Bernadita nos relata sus impresiones al cumplirse el 17 de Diciembre ,1 ano de su regreso a Sierra Leona.

 

Pag. 4 foto, un guardia civil visitante y la hermana Bernadita Shirahata.

Pag 5 informe de la sra.Rumi Goodrich sobre su estadia de 3 semanas en Sierra Leone. El esposo ,sr.Goodrich, nacido en America

y criado en Liberia, su madre es de Sierra Leone. La sra. Rumi es japonesa de Kumamoto (Amakusa),es su primera visita despues

de que se caso. Nos cuenta sobre la vida cotidiana, del convento, la escuela OLG, y tambien diversos aspectos de la gente del

lugar, sus experiencia, en forma profunda y muy interesante, Uno de sus proyectos  en el futuro es, abrir un asilo para ninos

huerfanos.

Pag. 5 foto sra. Rumi Goodrich con los ninos

Pag.7 mensaje de nuestros colaboradores de todas partes del Japon. anuncios de la oficina centra de Caminando Juntos, especialmente

agradeciendo la constante ayuda de todos los colaboradores.. Tambien se disculpa por haber enviado un formulario equivocado junto

con el Boletin nro 21.

Pag. 8 foto 2, izq.arriba,sra.Rumi Goodrich,abajo, los ninos disfrutando de la instalacion de la bomba del pozo de agua en el colegio.

derecha, foto 2 estudiantes de OLG, abajo tarjetas de navidad ,hecha por los ninos del Jardin de Infantes.

 

Profesor Katsujiro Kanno

Representante de Caminando Juntos

 

(traduccion Marta Tanaka)

 

Boletin nr.22 resum


“les agradecemos todo coracon sus oraciones para el grupo Caminando Juntos.

 

Pag. 1 foto Inicio del ano escolar del Jardin de infantes Tamagawa Shirayuri. La hermana

Bernadita Shirahata esta encargada de la clase de musica.

 

Pag. 2 El domingo 33 del Ano Liturgico (noviembre 28) ,el instituto Orients de estudios religiosos

publico en la liturgia que es distribuida a todas las iglesias y comunidades religiosas del Japon

el mensaje de la hermana Bernadita Shirahata. Este dia ,fue designado por el Papa Francisco

como el “Dia de oracion por todos los pobres del mundo”. “El salmista dice que ,el Senor no solo

escucha el grito del pobre,sino que le responde”

La hermana Bernadita Shirahata,escribio sobre Sierra Leone,uno de los paise mas pobres del mundo

“la gente del pueblo, aunque sufra hambre, nunca deja de ayudar al hermano en necesidad”

foto{ los ninos rezando junto a la hermana Bernadita.

 

Pag.2 segunda parte,mensaje de la hermana Elisa Padilla, en oportunidad de su traslado a Irlanda.

Nos cuenta sobre la obra de la hermana Leticia Negishi,durante muchos anos,y que es continuada actualmente

por las hermanas Clara Yoshida y Bernadita Shirahata en la mision de Sierra Leone.

Tambien recuerda con gran afecto a la hermana Leticia, en el aniversario de su regreso al reino del Senor

desde donde,junto con todos los santos, nos continua iluminando en esta obra, que la hermana inicio.

Como esta escrito en el Evangelio de San Mateo,25,40” Es verdados digo que cuantas veces hiciste eso a uno de mis

hermanos menores, a mi me lo hiciste”

 

Pag 3 foto hermana Elisa Padilla rodeada por los ninos, cuando estaba de Superiora Regional

Pag 4 reporte de la hermana Bernadita Shirahata ,sobre la actividad actual” Compartiendo

la vida diaria con los ninos , cada dia agradezco la presencia del Senor ,en la obra de educar a los pequenos.”

Nos informa que se ha abierto la escuela secundaria catolica en Kailahun, un distrito mas pobre que Lunsar.

Tambien la hermana Bernadita nos relata sus impresiones al cumplirse el 17 de Diciembre ,1 ano de su regreso a Sierra Leona.

 

Pag. 4 foto, un guardia civil visitante y la hermana Bernadita Shirahata.

Pag 5 informe de la sra.Rumi Goodrich sobre su estadia de 3 semanas en Sierra Leone. El esposo ,sr.Goodrich, nacido en America

y criado en Liberia, su madre es de Sierra Leone. La sra. Rumi es japonesa de Kumamoto (Amakusa),es su primera visita despues

de que se caso. Nos cuenta sobre la vida cotidiana, del convento, la escuela OLG, y tambien diversos aspectos de la gente del

lugar, sus experiencia, en forma profunda y muy interesante, Uno de sus proyectos  en el futuro es, abrir un asilo para ninos

huerfanos.

Pag. 5 foto sra. Rumi Goodrich con los ninos

Pag.7 mensaje de nuestros colaboradores de todas partes del Japon. anuncios de la oficina centra de Caminando Juntos, especialmente

agradeciendo la constante ayuda de todos los colaboradores.. Tambien se disculpa por haber enviado un formulario equivocado junto

con el Boletin nro 21.

Pag. 8 foto 2, izq.arriba,sra.Rumi Goodrich,abajo, los ninos disfrutando de la instalacion de la bomba del pozo de agua en el colegio.

derecha, foto 2 estudiantes de OLG, abajo tarjetas de navidad ,hecha por los ninos del Jardin de Infantes.

 

Profesor Katsujiro Kanno

Representante de Caminando Juntos

 

(traduccion Marta Tanaka)

 

2018年11月18日日曜日

「貧しい人のための世界祈願日に寄せて


     ご聖体の宣教クララ修道会会員
          シスター白幡和子

シエラレオネは、西アフリカの大西洋側にあり、北海道よりもひと回り小さい面積の国です。1961年に独立を果たしましたがクーデターが頻発し、1991年からの内戦で7万人以上が死亡、48万人もの難民が発生したのです。2002年にこの内戦は終結しましたが、病院も学校も破壊されてしまい、平均寿命の最も短い国となってしまいました。
       子らとともに祈るシスター白幡

私が修道会から派遣された1974年には、シエラレオネは、まだ〝白人の墓場〟と言われていました。現在は、首都はもちろん大きな町には病院もクリニックもあって、死亡率はずいぶん減りました。ヤシ油、コーヒー、ココアなどの主産物のほか、ダイヤモンドや鉄、ボーキサイトなど地下資源が豊かな国ですから、それらをすべての人のために使えば人々の生活は潤うはずなのです。

 教皇フランシスコは、昨年から年間第33主日を「貧しい人のための世界祈願日」と制定し、去る613日に本年のメッセージを発表しました。その中で教皇様は、「主は貧しい人の叫びに耳を傾けるだけでなく、お答えになる」(詩編34参照)とおっしゃっています。
 私が働く北部の町ルンサーにも大勢の貧しい人がいます。若いお母さんで、一緒に住んでいるおばあさんの目が見えず、ご主人も姿を消してしまい、毎日人々の家を回って食事を恵んでもらっている家族がいます。ある先生は障がいのある二人の子を抱えながら、近所の身よりのない子どもたちの面倒もみています。

エボラ出血熱の発生によって、家族全員を失った6歳の子を村から連れてきて学校に行かせ、食事を与えているおばあさんがいます。エボラやその他の病気で両親を亡くした子どもたちを、人々は親戚でなくても引き取ってお世話をしています。

自分の食べ物が減っても子どもを放ってはおかないホスピタリティーの精神を、私は何度も見てきました。ここでは皆が助け合って生きているので、愛に満たされています。いつも空腹が何であるか知っているので、他人を思いやる心があります。

貧しい人、小さい人の中にイエズスさまを見て、私たちがもうひとりのシモンになってその人の十字架を運べるように、主よ、助けてください。 

(上記は、1118日のミサ用リーフレット『聖書と典礼』に掲載されたもので、オリエンス宗教研究所様の了解を得て、掲載させていただきました。)

2018年10月27日土曜日

シスター根岸のお墓参り


1027日、6年前の111日に帰天されたシスター根岸美智子先生のお墓参りに行きました。明け方の大雨も昼前には素晴らしい秋晴れとなり、シスター根岸がともに歩む会の前途を祝福してくださっているように思われました。

以下の文は、1回目の墓参会(2014年)の後に短報に載せたものです。今回の墓参に参加したスタッフで読み合ってシスターを偲びましたが、短報に再掲しようということになりました。(菅野)

 

 
神様 マリア様 私はたくさんの恵みに生
かされました。

すばらしい人々と 出会いました。

すばらしい家族、友人   
        感謝でいっぱいです。

すばらしい姉妹方    幸せ者でした。

私はこれからどうなるのでしょう。

すべて あなたにおまかせします。
     
感謝。      
        レティシア マリア

 

上記の文は、シスター根岸が召された後、遺品を整理した修道院長のシスター鴨居が病床に遺されたノートから見つけられたものだそうです。何月頃に書かれたものか定かではありませんが、縦書きの文を左から書き始めておられることから推測すると、意識の衰えが目立ち始めた9月頃のものではないかと思われます。

 この11月1日、シスターが召された日に、ともに歩む会のスタッフなど7名でシスターのお墓参りに行きました。朝から雨が降ったり止んだりする天気でしたが、私どもがシスターの墓前に立った頃には急に雨足が強くなり、シスターが何かを伝えたかったのではないかと思われました。お花を供えて、讃美歌を歌い、静かに黙祷するだけの簡単なお墓参りでしたが、この日初めてお会いした支援者の方とも祈りを合わせることができ、とても満たされた思いの一日になりました。

 

 下記の文は、2004年にシスター根岸が一時帰国された際に、玉川学園小学部で講演された内容の一部です。20数年前に起きた内乱の様子を、優しく小学生に語りかけています。今、シエラレオネはエボラ出血熱の感染拡大という大きな国難に遭遇しています。悲惨な内乱を乗り越えたように、この度のエボラ熱禍も乗り越えられるように、天に在るシスターの応援を期待します。

<前略> でも、残念ながら1990年頃から戦争が起こりました。最初に戦争を起こしたのは大学生です。シエラレオネの大統領を初め、偉い人達は「アフリカは貧しいんですよ。貧しいんですよ。」と言って、世界中の人たちから沢山のお金をもらいます。そのお金を貧しい人にあげないで、自分のポケットの中に全部入れてしまうんです。そのため、貧しい人はいつまでも貧しくて、お金持ちは大金持ちになってしまうんです。それを見た大学生たちが怒って、そういう政府を止めさせようと、正義感を持って反乱を起こしました。けれどもそれは束の間で、大学生たちの反乱軍は悪い心の人たちに利用されてしまったのです。

というのは、シエラレオネという国はダイヤモンドが沢山採れます。そのダイヤモンドに目を付けて、このダイヤモンドでお金儲けをしようと思う外国の人が、シエラレオネの隣のリベリアという国から沢山の兵隊をシエラレオネに送り込んで来ました。その裏には、アフリカ以外の国の指導者たちがいたわけです。

そのような経過で戦争が大きくなってしまいました。日本と違って小さな国、九州ぐらいの国ですから、徐々に戦争が激しくなり、1994年のクリスマスにはとうとう、私たちの住む北部ルンサに到着しました。私達はまだ学校で生徒たちに教えていました。そこへ、お手紙が来ました。「1213日、あなたたちの町を攻撃する。命が惜しかったら逃げなさい。残っている者は全部殺す。」という手紙です。ですから、私たちが初めてその手紙を受けた時に、殆どの人が逃げました。村に残ったのは、男の人と私たちだけでした。そして、とうとうその日がやってきました。鉄砲の音がドンドンしましたが、村の人達は一生懸命闘って反乱兵を追い返すことができました。

でも、反乱兵は増えるばかりです。本当でしたら、反乱兵は少ない人数だったんですけれど、シエラレオネ人ではなくて、よその国の人たち、それから麻薬で無理矢理に作られた兵隊がロボットのようになって、だんだん増えてしまったのです。そのために、反乱兵はどんどん多くなって、とうとう私たちは1998年の2月にルンサを追い出されてしまいました。

ジャングルの中を3日間逃げ回りました。そして、敵につかまりまして、わたしはこめかみに鉄砲を突き付けられて殺されるところでした。鉄砲で私の額を押して「お前を殺す、そしてここを焼き払う」と言いました。神父様ともう一人のシスターと私の3人は、もう本当にこれが命の最後だと思いました。そして、私は天に向かってお祈りをいたしました。その時に、一人の反乱兵に少し正常な心が残っていて、私たちの祈りを聞いて、「この人たちは神様の人だから殺すのは止めよう」と言いました。もう一人は「殺すんだ!殺すんだ!」と叫びましたが、私はそのまま手を挙げて「鉄砲の玉が来るのはいつだ」と思いながら祈り続けました。すると、とうとう正常な心の方の兵隊が勝って、私たちが振り向いた時には反乱兵の姿はありませんでした。その代わり、パスポートも時計もメガネも全部無くなっていました。

空っぽになって、ジャングルの中を歩いて、私はマラリアのために動けなくなってしまい、ハンモックに乗せてもらって助けてもらい、そして「国境無き医師団」に助けられました。そして、アリタリアの飛行機に乗せられて、ローマに到着したわけです。<後略>
 
    墓参会に参加した本部スタッフ

2018年10月1日月曜日

本部からのお知らせ 会報21号別刷り

会報21号を掲載しました。上のメニューバーの「会報」を開いて、「会報21号」をダウンロードしてご覧になってください。下の文は、会報の別刷りとしてお届けしたものです。
 
 
本部からのお知らせ

 

西日本の豪雨被害に続く次々の台風の被害、大阪北部の大地震に続く北海道の大地震など、記録的な猛暑に覆われたこの夏は、本当に心の痛む災害のニュースが続きました。

それぞれの地域にお住いの支援者の方々に安否を問い、お見舞いのお便りを差し上げたいと思いつつ、失礼を重ねてしまいました。

今、改めて被災地の方々に心からお見舞い申し上げ、一日も早く復旧・復興されますように、特に心の復旧・復興が進んで、希望と勇気を持って歩んで行かれますように、主からの慰め、励ましが豊かにありますようにお祈り申し上げます。

 

  本部総会の報告

 会報の20号で公告しましたように、915日に2019年度本部総会を開催しました。(13301550

  総会は27名の本部委員(本部スタッフ13名、会計監査役3名、諮問委員10名の26名を議員として行います。

 当日は委任状による出席15名を含めて26名が出席して総会は成立しました。

 主な議題は、2018年度事業報告・決算報告の承認と2019年度事業計画・予算案の承認でしたが、それぞれ異議なしで承認されました。会報に載せました「2018年度を振り返って」に記された内容の確認が一番大きな協議事項でしたが、全員で読み合わせながら共通理解を深めました。

 この総会で、3名の委員(飯島称さん、井上マヤさん、糠山小百合さん)から、諸事情により委員を辞任したいとの申し出があり、承認されました。 長い間のご尽力ありがとうございました。

 今年度は委員の改選期でしたが、上記の3名以外の者は協議の結果すべて留任し、役割分担も次の通りとなりました。

本部スタッフ

総務:菅野勝治郎(代表)、春日良則(副代表)、

野本久仁子(書記)、丸山ひろ子(会計)

菅野洋子(事務局)

会報編集校正:総務

会報発送:天野文恵、 岡田京子、 春日良則、

菅野勝治郎、 菅野洋子、 後藤啓子、 

田中マルタ、 西山由香、 野本久仁子、 丸山ひろ子、 

写真記録:丸山ひろ子

翻訳: 田中マルタ、

(翻訳ボランティア:野久尾彩子さん、 吉原千晶さん)

会計監査役:春日由禧子、 佐藤邦昭、 西山 均、

後藤啓子(兼任)

諮問委員:赤松敏子、 佐藤正彦、 西本美絵子、

ハウエル岐美子、 濱本 緑、 福吉美代子、 

藤原博子、 三辺紀子、 米丘洋子

シスター白幡和子さんは、日本に滞在された2年半、本会の「顧問」として沢山のご協力・ご指導をいただきました。願い叶って現地に復帰されましたので「顧問」という役目はお返しいただきました。

3名の委員の辞任に伴い、新たに本部スタッフや諮問委員としてご協力いただける方を募集します。興味のある方は、本部までお知らせください。

 

   コンテナによる支援物資の輸送について

会報20号で「今年もグッドリチさんご夫妻のご好意によってコンテナの空きスペースを利用させていただけます。学用品、教材教具、体育用品、楽器類など、学校教育に必要な物を中心に集めます」とお願いしました所、14~5名の方からの支援物資が届き、預かっております。

その後、グッドリチ ルミさんもシエラレオネを訪問され現地の様子をつぶさに見て来られました。その結果、現地の物不足は想像以上であり、「コンテナのスペースの心配はいらないので、学校用品以外の、衣類や雨具、靴類なども集めて送りましょう」というご提案をいただきました。ここに改めて募集します。

留意事項等をいくつか書かせていただきます。

・支援物資は、鉛筆1ダース、ノート数冊などの小口でも、本部で種別ごとにまとめて箱詰めしますので大丈夫です。全体のリストを添え「ともに歩む会からの支援物資」としてコンテナに託します。

・ダンボール箱等で送って下さる場合は、品名と数とをリストにしてください。(可能ならば英文でお願いします。)そのリストを箱の外に貼付けし、同じ物を箱に入れて下さい。

・箱で送ってくださった物も、そのままコンテナに詰め込むのではなく、一度中身を確認し、必要によっては種別ごとに詰め替えて送ることになります。

・衣類(夏物が中心。真冬物は不要。子ども服が中心。大人物でも可。新品か、新品同様の物。洗濯済みでも、シミのあるものやボタンのとれたものなどは避けてください。タオル類もとても喜ばれます。)

学用品(ノート、鉛筆、色鉛筆、クレヨン、絵具セット、レポート用紙、画用紙、色画用紙、模造紙、ラシャ紙、消しゴム、ボールペン、新品のマーカーやサインペン、鉛筆削り、物差し、三角定規、コンパスなど)

楽器類(リコーダー、スネア、中古の管楽器、など)

スポーツ用品(サッカーボール、ゴムボール、テニスボール、ラケット類、縄跳びひも、など)

靴類(運動靴、通学用の革靴、長靴など)

雨具(長傘、折りたたみ傘、レインコートなど)

食品缶詰、瓶詰めなど、賞味期限が半年以上先の物。高温でも溶けたり割れたりしない物。)

絶対に入れてはいけない物。割れ物。電池類。

シャンプー類も危険物になるそうです

陸揚げの際に相当額の税金を要求される場合があります。こちらで不要だからと何でも送るのは避けたいと思います。

・コンテナが出る日は確定していませんが、今回は、10月末日を目標に集めます。年に数回コンテナは出るそうですので、もし間に合わなくても次回に送りますので、本部てはいつでも受け付けます

 

    Sr.根岸レガシー作品の頒布について

Sr.根岸が内戦の終息するのを待ってシエラレオネに戻って目にしたのは、かつての教え子たちが内戦中の性暴力によって子どもを産み、困窮に喘いでいる姿でした。その後も生きるために性産業に関わらざるを得ない女性たちに、自立の道を開いてあげたいと願い、OLG学園の附設学校としてマリアイネス(MI)職業センターを立ち上げたのです。

1991年の創立以来25年以上になりますが、2013年にシスター根岸が帰天されてからも職業センターは発展を続け、多くの卒業生を送り出しています。

近年になり、染色科の生徒たちによる作品を「Sr.レティシア根岸レガシー」として商品化し、海外からの訪問者に買ってもらえるようになったのです。

本会では、現地を訪問した方々のご協力によってその作品を運んでいただき、皆様にもお買い求めいただきたいと考えました。今まで相当数の作品を頒布いたしましたが、それは同校の生徒に大きな自信と励ましを与えています。

この8月にも現地を訪問されたグッドリチさん、カルロス・ペンニャさんが生徒の作品をたくさん運んでくださいました。6月末にSr.エリサとSr.吉田が届けてくださった品々は、ほぼ完売状態です。

ガラ布の価格は、2ヤード(約182㎝)1200円、3ヤード(約273cm)1700円とさせていただきました。

その他に裁縫科の作品と思えるポシェット、手提げメガネケースなどが届き、生徒達の創意工夫が感じられます。まだ商品は安定しておらず、正直なところ、仕上がりにも差が見られます。布の長さもアバウトです。ですから、価格は固定せず、作品ごとに設定します。

本部としては、できれば教会やボランティグループなどでミニ頒布会など開いていただき、現物を手にとって見ていただくのが一番かと考えます。

お申込みくださった方には、個々に価格を付けてお送りします。売れ残った物は送料着払いで本部に戻してくださればいいですし、売上金は通常の振込用祇に内容を明記して送金してくださればよいと考えます。

なお、品物の選定は本部一任で注文したいという方には、1品でもお送りします。今回はガラ布以外に、ブレスレット類が沢山届いています。


 


 ④シスター根岸墓参会のお知らせ
 111日はシスター根岸の帰天日です。ともに歩む会では、恒例の墓参会を10月27日(土)京王線・府中駅北口に1330分集合で行います。初めての方も歓迎いたします。参加を希望される方は、前日まで本部に電話かメールでお知らせください。 (菅野勝治郎)