2021年1月12日火曜日

シスター白幡から新年のお便り

 

ともに歩む会の皆さま 

新年あけましておめでとうございます。2020年も私たちと共に歩んでくださったことを心からお礼申し上げ、今年もさらにご一緒していただけるようお願い申し上げます。

 

 2020年が明けたとき、世界中のだれがコロナの感染を予想したでしょうか。最近日本でも感染が急増していることを知ってとても心がいたみます。

シエラレオネで感染が広がったら医療体制の乏しい国でどう対処するのかと多くの方が心配してくださいました。とても苦しい状況になっても遠く離れたアフリカのことを思ってくださる優しいお心遣いに感謝いたします。幸いと言うか、不幸と言うかわかりませんが、 フリータウンの大きな病院に行かなければコロナの検査ができないので地方(約120キロ離れています)にいる私たちにとっては、何も分からずどこ吹く風かというような感じです。

学校も10月には再開しましたし、以前は感染を避けて教会のミサも神父様とシスターたちだけが与って世界中の感染者と亡くなられた方たち、そのご家族のためにお祈りしていました。9月からは一般の信者の皆さんもミサに与れるようになり、その時はソーシャル ディスタンスのために3つのミサがありましたが、今は一つだけです。マーケットに行ってもすごい人混みですし、フリータウンでもマスクをしている人はとても少ないです。ただ政府からの要請で幼稚園の入り口の前で手を石鹸で洗い、検温することはやっています。

 

コロナよりはマラリアの方が多く、毎日幼稚園だけでなく小中高の生徒が高熱でうなされながら、修道院に連れて来られ、その度に看護婦であるシスターアドリアナ地区長が診て薬をあげたり注射をしています。彼女自身も何度もマラリアに掛かっています。彼女は本当に自分のことを考えずにいつも私達シスターや人々の面倒を見てくださっています。

コロナの影響で、世界中で仕事の無くなった家族も多いし経済的にも早期の復興が望まれますが、安心して生活できる社会が早く来るために私たちにできることは何でしょうか。どんな状況にあっても常に神に立ち返ることが大切なのではないでしょうか。愛する人を亡くし、茫然とし、悲しむ人々をマリア様が慰めてくださいますように。このつらい試練が終わり、希望と平和が再び未来に見い出せますように。国々の責任者を支え、彼らが賢明さと配慮と寛大さを持って生活の必要に欠く人々を助け連帯精神を持って社会的経済的な助けを計画できますように。

 

 10月から学校が再開され毎日の給食も始まり、大勢の子供たちが元気に無事に年を終えることが出来たことを感謝するために小中高それぞれの学校ごとに学校のプランに従って神父様をお呼びして感謝のミサが捧げられました。幼稚園生は長いミサの代りに修道院の庭のマリア様のご像の前でロザリオの祈りをしました。1217日には例年通り玉川ランチをエンジョイしました。ただ牛はとても高くなったのでチキンの二きれ入ったテイクアウトのランチにしました。それは家族全員でおいしいランチを味わうことができるからです。ソースを少しでも多くするためにシスターエスメラルダが日曜日にも関わらずマンゲまで車を走らせて茄子、玉ねぎ、サツマイモなどを買いましたし、シスターアドリアナもチキンを少しでも安く多く買うためにマケニに行きました。前の日の午後から夜中中かけて15人位の人がお料理してくれました。この日を子供たちだけでなく父兄たちも毎年首を長くして待っているのです。玉川学園の先生方、今年も有難うございました。

 

 今シエラレオネの銀行にはお金がなく、日本から送っていただいたお金も引き出すことが出来ず、買い物もできないクリスマスになりましたが、クリスマスから新年にかけてマンゲ、マイル91、ルンギ、フリータウンとカイラフンのシスターたちがルンサに集まり、にぎやかで楽しい日々を過ごしました。いつもより多くの時間、レクリエーション、映画鑑賞、ゲームなどもありました。

 

 この10日間ぐらいのあいだ、体の中にも蟻がきて、チャペルでのお祈りの時間、食事、お部屋での仕事中、そして夜中にも体中チクチク刺されて、寝る時は10時半の消灯の時水だけのシャワーをして蟻を流して、休もうとしましたが、ベッドに横になっても蟻はやってきました。仕方なく電気をつけて丁寧にシーツの上や下を調べましたら、30匹以上見つかりました。翌日若いシスターがお部屋中の大掃除をしてくれ、殺虫剤もまきました。何とマットレスの中にたくさん蟻が住んでいました。すぐにベランダに出し、他のマットレスに替えました。その夜は久しぶりに全く蟻に悩まされずによく眠ることが出来ました。

毎朝起床時の5時に係のシスターが ”主は賛美されますように”と言って 私達は、”今もいつも”と答えますが、それさえも聞こえないほどよく眠りました。神に感謝でした。

 

14日から2学期が始まりました。11月のはじめにローマの本部からシエラレオネ人で総本部評議員の一人であるシスタージョセフィンがいらして、特に中高生の面倒を見てくださっています。

 私も去年の1129日に79歳になりました。この教会に来ている人の中で一番の年寄りです。最後まで他者に対する思いやりと感謝を持ち続けられたらこんなに素晴らしいことはないと思います。毎日今日までありがとうございましたと感謝しながら休みます。

 皆様お一人お一人のお祈りと援助のおかげで私達の使途職は成り立っていることを忘れることはできません。

本当にありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いもうしあげます。心からの感謝をこめて。

  202119日  シスター白幡

2021年1月1日金曜日

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。

シスター アドリアナ地区長から下のカードが送られてきました。

また12月25日に開催されたチャリティージャズコンサートは感動のうちに幕を閉じました。動画は、近日中に配信されます。このブログでご案内します。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。    (菅野)


人々が変われば世界は変わります。

変わるために、人々は神からの光を必要としています。

"クリスマスの夜に"  さあ、私たちの聖夜です

                                 教皇ベネディクト16世

 

"神の子キリストの誕生の喜びとその祝福があなたがたのものでありますように"

 私たちシエラレオネの祝福された宣教クララ修道会のシスター一同から、願いと祈りを込めて

メリークリスマス&ハッピーニューイヤー


2020年12月28日月曜日

チャリティージャズコンサートの動画配信について


 
 
12月25日に開催しましたチャリティージャズコンサートは、お陰様で無事に終了しました。
 
動画の配信は、1月初頭に公開予定になります。リンク先などは決定次第このブログでお伝えします。
    
                   (菅野)


2020年12月20日日曜日

シスター白幡からのクリスマスメッセージ


 シスター白幡から、次のようなクリスマスのメッセージと近況のお便りが届きました。今年1年間のお支え、心より感謝いたします。    (菅野勝治郎)

 

 

“ともに歩む会”の皆様

 クリスマスおめでとうございます。

 今年も毎日、私たちとともに歩んでくださったお一人お一人の皆様に心から感謝いたします。 いつも遠くにあって心で寄り添っていてくださる皆さまの暖かい愛を感じます。

今年はコロナに始まり、いまだに全世界の人々がコロナに翻弄されています。 シエラレオネではほとんどそれは感じられませんが、ヨーロッパ、アメリカ、日本など、今だに多くの方々が苦しんでいます。コロナは終息するどころか、先の見えない不安が、私たちの生活にひたひたと押し寄せているのです。早く前のような生活に戻れますように、私たちは祈るしかありません。 

来年も皆さまお一人お一人とご家族の上に神様の豊かな祝福がありますようにお祈りいたします。            シスター白幡

 

1218日)おかげ様で昨日、創立者記念の学園祭で特別ランチを子どもたち全員楽しませていただきました。支援者が送ってくださったクリスマスプレゼント代で、幼稚園の男の子たち112名には大きな素敵なボールを配ることができました。今までは女の子だけでしたので、とても喜んでいました。女の子には去年と同じように私の手製のお人形でした。

 シエラレオネでお世話になっている方々へのプレゼントは買うのはとても高すぎるので、毎年シスターたち全員で簡単なケーキを作って配ります。 それでこの数日夜中まで(学校が終わってからしかできませんので)かかってケーキ作りでした。 皆へとへとですが、力を合わせて働く歓びがあります。

 

 


2020年12月7日月曜日

会報30号を掲載・チャリティージャズコンサートについて

ともに歩む会の会報30号が掲載されました。メニューバーの「会報」をクリックし、30号を開いてご覧になってください。

 
 

また、この会報には「チャリティージャズコンサート」について、下記の内容のお知らせも同封しました。

 

  

♪このような状況下ですが

 新型コロナウイルスの感染拡大のニュースは日に日に厳しさを増しているように思われます。

このような状況下チャリティーコンサートの実施に関して慎重に検討を重ねて参りました。

 

 

♪このような時だからこそ

主催者の関根神父様は、このような時だからこそ多く人々を励ます音楽を届け、シエラレオネの現状やシスター方の働きを知ってもらいたいとの願いを強く持たれ、前向きに準備を進めてくださいました。

 

 

♪インターネット配信も

オンラインによるライブ配信も視野に入れて可能性を探ってきましたが、多くの方々のご協力により、録画した動画をインターネットにアップして鑑賞していただける運びになりました。

 

 

 

♪参加を断念された方々も

 コロナ感染のリスク回避のため

コンサート参加を断念された方々や、遠方にお住いの方々にも、インターネットを通してご参加いただけることを心より感謝いたします。

 

 

♪どのような方法で?

 具体的な視聴の方法については、コンサート当日以降、ブログや短報にてお知らせいたします。

本部にメールや電話でお問い合わせくださっても結構です。

 

 

♪ご期待ください

出演者の皆様は長い間準備され、オリジナル曲の演奏も数曲入れてくださるとのこと。

どうぞご期待下さい。

会場に足を運んでくださる方とは当日お会いしましょう!

    

            ともに歩む会

          代表 菅野勝治郎



Summary of Bulletin 30 of “Walking Together”

 

From P.1 to the first part of P.4 is a summary from Sr. Bernadette Shirahata titled “Welcoming the new year ~ to the members of Walking Together”, which covers recent activities.

Topics include : the situation in Lunsar with COVID-19, the reopening of schools (kindergarten from 9/22, and grade school, middle and high schools from 10/5), Sr. Bernadette Shirahata hospitalized due to Malaria and Typhus, volunteering by making handicraft since the Regional Mayor advised it was not safe to go to school until the COVID-19 situation settles, music classes beginning in October 3 times a week in kindergarten, 40 packages that “Walking Together” has sent in January had arrived in September, etc.

 

P.4 to the middle of P.5 is a report from Mr. Fusao Sekine (Father of Catholic Setagaya Church) called “Why? Now? Sierra Leone? Visiting a country I have no connection with – Before the Charity Concert”. In planning for a charity concert in December, Father Sekine expresses in a poem about how impressed he was of how the sisters worked for the people in Sierra Leone under difficult situations.

 

P.5 to the beginning of P.6 is a writing by Kadiatu Kargbo, a college student who is receiving educational support from “Walking Together”. She expresses her appreciation for the opportunity to study in college, and her hopes to help young people learn in the future.

 

P.6 to the middle of P.7, are voices from supporters.

HQ staff, Ms. Kyoko Okada’s “Thinking about Sierra Leone” follows on to page 8. She touches on how Sr. Rethisia Negishi and Sr. Shirahata’s encounter and their work, and the way Mr. Tetsu Nakamura of Peshawar-kai lived have something in common.

 

The rest of P.8 is a notice from headquarters

 

Photos

P.1(top right) Sr. Bernadette Shirahata welcoming students at the kindergarten that re-opened 9/22

  (bottom left)Students that joined kindergarten with the support of “Walking Together”

P.5 (top left)10,000 leon bill

  (bottom right)Ms. Kadiatu Kargbo

P.8 (top left)Sr.Bernadette Shirahata chatting with Ms. Kyoko Okada

(bottom)Kids wearing masks and washing their hands

         (Copy:Hiroko Gotoh Translation:Ayako Nokuo)

 

 

2020年12月6日日曜日

Boletin nr.30

Boletin nr.30 Mensaje de la hermana Bernadita Shirahata

Lunsar

La vida en Lunsar esta volviendo a activarse poco a poco,desde septiembre se permite asistir a la misa dominical,tomando todas las precauciones ,alcohol mascarillas, distanciamiento

El jardín de infantes y la escuela niveles primario y secundario,retomaron las clases desde octubre

Mange

En Mange ,tres hermanas atienden el jardín y la escuela primaria mixta, desde la partida de la hermana Clara Yoshida a Japon para su tratamiento medico en el mes de junio.

Malaria y fiebre tifoidea

En agosto ,otra vez caí enferma y tuve que internarme seis dias en el hostipal católico de Lunsar y luego tres semanas de reposo en la clínica Mile 91 ,que es administrada por nuestras hermanas,Gracias a Dios y a las oraciones vuestras me estoy recuperando ,durante este periodo de reposo he permanecido ocupada en coser tiras d e 80x15cm,para colocar en las ranuras de las puertas de los cuartos para impedir que entren los ratones,aprovechando las telas de hábitos vejos ,para cada hermana bordando un motivo diferente en las tiras,animales, verduras flores.

En octubre volví a retomar las clases de musica en el jardín de infantes tres veces por semana

Los niños muy felices con pianica, hand bell ,cantamos con alegria

Octubre mes de Maria

Todos los dias rezamos el rosario y seis veces salimos al pueblo para rezar y cantar juntos

En el convento ,las hermanas nos dividimos en grupos representando a cada pais ,Mejico,Sierra Leona,Nigeria, y Japon,presentando la historia de los comienzos del cristianismo en cada nación

Grata reunion

Celebramos los cumpleaños de la hermana Adriana Juárez Navarrete, superiora regional y de la hermana Maria de la Luz Roa,(80)directora del taller vocacional.El menú fue cabrito,sopa,hojas de batata,arroz,frutas y helado de coco. Tres hermanas ,nos pusimos kimonos de verano para cantar y danzar musica japonesa,los kimonos fueron enviados por una conocida que genka un da,in de bodas,y fueron enviados a Méjico, Italia,Costa Rica,America y Africa.Nos reunimos todas las hermana de la Sierra Leona, tuvimos gran alegria, ya que tenemos pocas oportunidades de reunirnos todas.

Recordando a la Hermana Leticia

En el sexto aniversario de su partida al cielo, agradecemos al Prof Kanno que todos los años visita la tuma con miembros del grupo

Sierra Leona, situación actual

El pueblo no recibe suficiente ayuda de, gobierno ,los alimentos aumentan cada día.

La hermana Esmeralda, va todos los domingos hasta Mange .para comprar mas barato las verduras, arroz,y demás, para el comedor escolar una bendición, gracias a la contribución de Caminando Juntos.

Mensaje del Padre E,Sequine ,iglesia de Setagaya

Hace 40años que supe la existencia por primera vez de Sierra Leona,un pais totalmente desconocido para nosotros.Atraves de la carta que la hermana Leticia ,publicada en un periodico japonés,supimos también que allí trabajaban tres hermanas japonesas

Sierra Leona ha sufrido guerras, la fiebre Ebo,a y ahora el COVID 19,ahora,también la situación de las instituciones es precaria, un billete de 10,000 Leones, equivale a 1dolar solamente,y no se puede usar en ningún otro pais, a pesar de tantas desventajas,las hermanas de la misión y los donantes de alrededor del mundo,continúan trabajando y orando para el bienestar de la población.

Recuerdo la misa celebrada, con motivo de la inauguracion dd la Clínica Mile 91,una choza de palmas ,alrededor las sillas para el staff, los visitantes ,las hermanas, a mi lado el señor Sugano, que Dios lo tenga en la Gloria,, brindamos con agua de coco ,luego vinieron las frutas casava,arroz cabrito, el camino de regreso,por un sendero totalmente oscuro,pasamos cerca de grupos de creyentes islámicos,reunidos alrededor de una fogata, leyendo el Corán ,fue una experiencia única,pero esto es una escena cotidiana de las hermanas y sacerdotes que cumplen su misión

La mayoría de la población es de religión islámica, en esta sociedad ,las hermanas han superado la diferencia de cultura, idioma, creencias.

Nuestro apoyo, aunque sea pequeño esta brindando aliento y esperanza a tantos jóvenes que estudian,en los colegios de la misión, para obtener un futuro mejor

Mensaje de la srta Gadiana Kalbo

A mis apreciados benefactores

Quiero agradecerles de todo corazón, la beca que he recibido por la cual he podido completar mis estudios. Ahora es mi turno de devolver con creces su bondad

Si no hubiera recibido en su momento justo la ayuda no habria llegado a donde estoy, quiero asegurales que he aprovechado al máximo la beca, y que pienso que muchos jóvenes también esperan tener la misma oportunidad

Que Dios bendiga a todos los miembros y a sus familiares de Caminando Juntos y los colme de felicidad

Con todo mi agradecimiento

Mensaje de nuestros colaboradores de todas partes del Japon

Nos agradecen por boletín y los relatos desde Sierra Leona,las descripciones de la situación y actividades de la misión que la hermana Adriana, Superiora Regional nos envía regularmente

También nos cuentan que un niño de la escuela dominical por su propia voluntad,vendió su preciosa colección de figuritas y ese dinero lo dono pada los niños de Sierra Leona, Que gesto tan hermoso!!y tan bondadoso.

Todos nuestros colaboradores ruegan siempre por la salud, seguridad de todas las hermanitas de la misión

Mensaje de la sra.Kyoko Okada

Staff de Caminando Juntos

Mi encuentro con Sierra Leone, comenzó después que la guerra civil había terminado. La hermana Leticia Negishi, en unas charlas, nos relato detalladamente su esperiencia durante la guerra y todas las vicisitudes que paso la mision,luego colaborando con la hermana Bernadita Shirahata,y con el grupo he aprendido muchísimo.Tambien me sirvió de inspiración el trabajo del señor T.Nakamura, del grupo Pershawar, que construyo canales de riego en Afganistán; el señor Nakamura fue victima de un atentado terrorista, en el mismo pais que ayudo tanto

Mi oracion favorita es de un sacerdote americano Te ruego Señor que me de paciencia, para aceptar lo que no se puede cambiar, y valor para cambiar lo que es posible, y sobretodo sabiduría para saber cual es cual.

Agradezco la oportunidad de poder seguir colaborando con Sierra Leona

 

<traduccion Marta Tanaka >

 

2020年11月14日土曜日

チャリティーコンサート 開演時刻の変更

いつもご支援ありがとうございます。11月は、給食支援費に加えてOLG校の教育支援費・奨学金も送金することができました。本部では12月5日発行の会報30号の編集をほぼ終えたところですが、今号には2014年のエボラ出血熱蔓延の際に、両親など家族7人の命を奪われたカディアツさんからの便りも掲載されています。悲しみのどん底から立ち上がって、今大学生として希望を持って頑張っている奨学生の姿を紹介出来て感謝しています。

 会報30号にはチャリティーコンサートについて、次のお知らせも掲載されています。

「新型コロナ感染症収束の兆しが見られず、コンサートを予定通り12月25日(金)に開催できるかどうか慎重に検討を重ねてきましたが、主催者の「カリタス下北沢」・代表 関根英雄神父様は予定通り開催することを決定してくださいました。

ただし、開演時刻が18:30、終演時刻が20:30に変更になりました。開場は17:30。

参加申し込みの締切を10月末日としましたが、まだ座席にゆとりがありますので、12月20日(必着)まで申し込みを受け付けます。はがきに住所・氏名・電話番号を明記の上、ともに歩む会本部まで申し込んでください。メールでの申し込みも受け付けます。

会場(北沢タウンホール・北沢区民会館)世田谷区北沢2-8-18、下北沢駅から徒歩5分。地図は下記のホームページでご覧になってください。 https://www.setagaya.co.jp/kuminkaikan/kitazawatownhall/access.html

入場は無料ですが、会場受付でチャリティーの自由献金を募ります。

来場の際は必ずマスクを着用し、演奏中も外さないようにしてください。体調の良くない場合は来場をご遠慮下さい。 本格的な冬を迎えます。皆様のご健康が守られますようにお祈りいたします。

2020年10月20日火曜日

シスター方からのお便り

新しい年度もお陰様で恵みのうちにスタートすることができました。10月14日には10月分の給食支援費を送金することができました。送金が少し遅れたのは、送金はその資金が預金口座に2週間以上据え置かれた後でないと送金できないという銀行から指示があったためです。

 10月になってからのシスター方からのメールを紹介します。

・10月2日にシスター鴨井地区長が「シスター吉田は、神様のためにまた働くためにリハビリを兼ねて少しずつ歩く距離を延ばしているようです」と知らせてくださいました。順調に快復に向かっておられるご様子で何よりです。

・10月7日にはシスター白幡から次のようなメールをいただきました。

  3月19日の9個と9月15日の17個やシエラレオネフレンズからの荷物に続いて、9月23日に17個の荷物が届きました。他に、玉川学園から合計8個の荷物も届きました。 シスターアドリアナ地区長は、この数日カイラフンに行っています。忙しいけれど写真や記事をこまめに送ってくれるので私も感謝しています。  私の健康のことも看護婦として、また母としていろいろ気を使ってくれます。病気の後、私の健康のことを考えて、コロナが終息するまでは幼稚園には行かない方がよいと言いました。でも幼稚園長のシスターエスメラルダが、子ども達に音楽をどうしても教えて欲しいと地区長に頼んだので、 週に3日だけいくことになりました。私もうれしいです。 最後に着いた荷物の中に沢山の薄いノートが入っていました。一人ひとりの5歳児のためにコーディネーションのためにいろいろな模様を書いて練習させます。助かりました。有難うございました。

 

 会報29号を、宣教クララ会総長のマザー マルタ ヘルナンデスとシエラレオネの地区長・シスター アドリアナにお送りしましたら、次のような返信をいただきました。

 

<マザー マルタ ヘルナンデス総長より>

コリントの信徒への手紙 一 13.8-13

“愛は決して滅びない。預言は廃れ、異言はやみ、知識は廃れよう。

わたしたちの知識は一部分、預言も一部分だから。・・・

信仰と、希望と、愛、この三つはいつまでも残る。

その中で、最も大いなるものは愛である。”

 

親愛なる菅野勝治郎代表とともに歩む会の皆様

 

コロナの影響により、大変な毎日を大勢の人達がおくっており、生活も、厳しくなってきています。

こんな時にもかかわらず、ともに歩む会の皆様は私どものために支援を続けてくださり、大変ありがたく、大きな力になっています。

神の愛と恵が、ともに歩む会の働きとなって表れているのが感じられます。

いつも、会報のニュースと写真を見ながら、皆様の活動を知り、情報が分かち合うことができます。

シスター吉田の回復をお祈り申し上げます。

聖母マリアとともに、復活の希望を持って眠りについた福者マザーマリア・イネス、シスターグラシエラ・パトロン、そして、シスター根岸からたくさんの祝福がミッションの上にありますように。

 

マザーマルタ・ヘルナンデス クララ会総長

                          (訳:田中マルタ)

 

<シスターアドリアナ地区長から>

 

親愛なる菅野様とともに歩む会の皆様

29号の会報を神に感謝します。

この会報が、私たちがしていることだけでなく、皆さまや支援者の皆さまが行っていることを示す良い器になることを祈っています。

私たちは、皆さまの慈悲深い心をこちらの人々に届ける管にすぎません。

日本語、英語、スペイン語の3つの言語があるにもかかわらず、このようにしてコミュニケーションが取れることが嬉しいです!これは私にとって奇跡の一つであり、私どもの活動にも大いに役立っています。

本当にありがとうございました。

これからも“ともに歩む会”の活動が祝福されることを願い、お祈り申し上げます。

 

新年度の働きのためにご加祷をお願いします。

 

キリストのうちに結ばれて

 

シスターアドリアナ フアレス ナバレテとシエラレオネの修道女一同より

                            (訳:吉原千晶)